<kaz>TOPページ 3号館入口 ここは目次 + 手記本文



<厚木に Z旗が揚がる>

- 若き整備兵の記録 -


(手記本文掲載 2001/08 − 更新 2017/04/19)

3号館入口へ戻る

  ごあいさつ

 
当時の時代背景


昭和17年(1942年)、冬の大阪です。
この写真の若者たちは 「その」 当時、ごく普通に見られた17才前後の街の若者たちです。精一杯背伸びはしていました。大阪で 「社交喫茶」 と呼ばれた、キャバレーより少し身近な大人の世界に顔を突っ込みました。大人たちも、やがて彼らが 「この国」 のために何をしなければならないかわかって・・・暗黙の了解がありました。

この手記を書いた父ヤス (写真の向かって右端)も、この後、真夏の8月から異世界に遭遇します。それは、役所の手違いから、当初の思いとは違う海軍航空隊整備兵への道でした。

涙しながら特攻機を見送ったヤスですが、内地で終戦を迎えたその手記には、南方などの激戦地でみられる悲惨さはありません。しかし、国と家族を思って青春をかけた当時の若者たちの心情をお感じいただければ幸いです。

なお、写真左の3人の若者の消息は不明です。

■このページへ「検索」サイトから直接来られた方は、
  ひとまずこのページの入口へお越し下さい。

     → 入口へは こちらから



目    次
(1) 終戦間近かの厚木航空隊…悠久の大儀に生きた人達に心安かれと祈るのみである
(2) 海軍航空隊志願そして大阪出立…役所の使いが 『おめでとうさん』 と徴募令書を持ってきた
(3) 初めての夜…失敗して床の上に落ちる者続出
(4) 新兵教育始まる…貴様らは昨日まではお客様であった!今日からは帝国海軍軍人である
(5) 銃紛失事件と死亡事故…この事件が有ってから、私的制裁を禁止する通達が出た様である
(6) 新兵教育終了…晴れて本日から一等兵である (新兵教育の2ヶ月の日誌を掲載)
(7) 整備練習生生活…練習生の思い出に、九六陸攻のエンジンを掛けようと言い出した
(8) 練習生卒業…退隊者の大半は輸送船でフイリッピンへ向かう途中、潜水艦にやられて戦死
(9) 実施部隊配属は衛兵隊…夏の暑い盛りの事で見てはならぬものを見掛ける様になった
(10) 一式陸攻激突事件…北門番兵と私はー目散に逃げ出した (第二相模野航空隊の地図を掲載)
(11)司令公室勤務従兵、Z旗に走る…「神の姿」をそこに見る気がする
(12)第二相模野海軍航空隊から第一相模野海軍航空隊へ…待望の転勤命令が発令
(13)機体整備作業…少しでも手を抜いていると古参の兵のスパナが飛んで来る
(14)分隊編成…整備兵泣かせの彗星を担当することに
(15)終戦…厚木空からは飛行機が飛び立ち、一相空では抜刀した下士官が追いかけている
(16)石炭貨車で大阪へ…機関車の煙と汗とが混ざり合って真っ黒である
(17)家族との再会…家族の姿は無く空き家となっていた
(18)5分前…海軍生活を経験した人は、五分前か、精々五分過ぎには必ず現れる
(19)余 話…まとめきれていない、断片的なお話を書き留めておきます


ヤス の 兵 歴
−−−−−−−
[志   願]
   ↓

…役所の手違いで呉から相模野航空隊へ変更
[入   隊]
[新兵教育]
   ↓
昭和17年(1942年)
  8月 第四期新兵入隊(二等整備兵)
 10月 新兵卒業(一等整備兵へ)
[教育終了]
多くの若者は[実戦部隊]へ
   ↓
[整備練習生]
   ↓
[教育終了]
多くの若者は[実戦部隊]へ
   ↓ 太平洋上で撃沈され戦死者が多数
[衛 兵 隊]
[従   兵]
   ↓
[一 相 空]
   ↓ …古参兵に混じって実戦機で訓練
[終   戦] 昭和20年(1945年)8月 終戦、解隊


第二相模野航空隊・厚木航空隊の歴史
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昭和13年

横須賀海軍航空隊で「整備科航空予備学生」の募集始まる
厚木飛行場建設に着工
昭和16年 真珠湾攻撃 (12/08)
昭和17年


厚木飛行場完成
追浜海軍航空隊が横須賀海軍航空隊から独立、整備学生を移管
現役整備兵や下士官の整備教育のため、第一相模野航空隊(一相空)を開設
昭和18年

戦闘機搭乗員養成のため厚木航空隊(203)を厚木飛行場に開隊
第一相模野航空隊の南に第二相模野航空隊(二相空)を増設、整備学生受入れ
昭和19年

203航空隊は千歳へ移り、本土防空を目的とした 302航空隊が厚木に開隊
特別攻撃隊 (特攻隊) 始まる
昭和20年



東京、大阪大空襲他、各地に空襲
広島、長崎に原爆投下
終戦 (8/15)
厚木航空隊事件(抗戦決起)勃発、収拾
マッカーサー元帥が厚木に降り立つ (8/30)

ヤスの資料や手記と第二相模野航空隊の開設時期、他に差異があり、不詳。


(1)終戦間近かの厚木航空隊

木空からは連日のように特攻機が出撃して行く。(注〜ヤスの所属する相模野航空隊は厚木空に隣接。滑走路をはさんで、東に搭乗員養成から本土防空に目的の変わった実戦部隊である厚木航空隊=厚木空、西に整備教育部隊として第一、第二相模野航空隊が位置していた。ヤスは第二相模野航空隊に入隊した後、第一相模野航空隊に転勤し終戦を迎えることとなる。)

        
                   (現在の厚木基地遠景)

其の度に号令が掛かって飛行場に見送りに行く。年齢は我々と同じ位い十七才か十八才、懐かしい友を送る気で涙が溢れる。鹿屋空(注〜カノヤクウ、鹿児島県)に集結、明朝を期して出撃して行く、再び帰る事の無い旅立ちである。沖縄か南方戦線に華と散って行く。悠久の大儀に生きた人達に心安かれと祈るのみである。(注〜初期には30才台の錬度の高いベテランが操縦にあたっていたが、機能重視・人命軽視の機体設計もわざわいしてその多くが戦死し、末期には速成の若者達が飛ぶようになっていた。その未熟さから、訓練中に墜落死する者も多数。本土に飛来するB29を次々と撃墜し、B29撃墜王と呼ばれた厚木空の遠藤幸男大尉も終戦間際の昭和20年3月に空中戦で戦死している。)


(出撃を示すZ旗 再現図

戦後、機会が有って鹿屋航空隊を訪れ慰霊塔に参拝し遠く滑走路を望み、其の勇姿を偲んだものである。


此の頃には毎日艦載機の襲撃をうける。
空中爆雷を両翼の下に四個取り付けていて百メートルの高さから投下する。五十メートル程落下すると傘型に爆発する。此の爆雷で多くの負傷者が出た。
機銃掃射も激しく林の中の食卓で食事中よく襲撃された。避難する所も無く食卓の下に潜り込んで避難する周囲を土煙を上げて機銃弾が飛び散る。付近の士官宿舎目掛けて爆弾が投下される。友軍機の姿が見当たら無い。いづれかで戦闘を交えているのだらう。

やがて警報が解除される。
何事も無かった様に元の作業に戻る。聴くところに因ると大型の爆撃機は警報の出る前に上空に退避するようである。

本部前の見張り所の二人が転げる様に降りて来る。本部の屋根にも無数の弾痕がある。工作科の兵隊が早速修理に掛かる。

この頃は、米軍による空襲が激しさを増し、基地の頭上スレスレに何度も旋回する米軍機に体を地面に伏せるしか手がなかったというのが実情だった。反撃の機銃に手を掛けることもできない中で防空壕に飛び込むのがやっとだった。町中には「電タン」と呼ばれる米軍の降伏を勧めるビラが大量にまかれ、その回収にも当たるという末期的な状況だったのだ。


連日の空襲で東京方面の空は真っ赤である。この下で大勢の人が逃げ惑い、焼け出され、負傷して居る事を思うと、我が国は此の戦いに勝ち抜く事が出来るのであろうか。

        
       (東京、本所 親子の焼死体 母親の背中には子供の跡が残り痛ましい
                           「戦争と子どもたち」日本図書センター発行)


東京に続いて横浜方面が真っ赤になる。高射砲、機関銃から撃ち出される曳光弾を見て居ると花火が打ち上る様な錯覚に陥る。

        
       (焼けた横浜から避難 「戦争と子どもたち」日本図書センター発行)

翌日は急遽、救助隊が編成され出動する。参加した者の話によると、辺りは目を覆う惨状で完全に焼け野原で一面に死体が転がり手を付けられない状態であるといふ。
この分では大阪も焼け野原になっているに相違ない。


話は…日本がこのような惨状に至るおよそ三年前に戻る。



(2)海軍航空隊志願そして大阪出立

和十七年当時(17歳)、私は徴用工として大阪、東淀川の日本アルミニュウム工業に勤務していた。ここではアルミニュームをベースに珪素、銅、クローム、マンガン、マグネシューム等を配合して合金を作るのである。作業場は冬でも三〇度を超す暑さである。夏は五〇度を超すことも珍しくない。三ケ月の訓練期間を終え自宅から通勤出来るようになっていた。週二回は勤務中に工場内にある青年学校で軍事教練を受ける。これが入隊後の新兵教育に大変役立った事は言うまでもない。

毎日四十度を越すアルミ精練工場で働いていると、少しの気の緩みから火傷、怪我が連日のように発生する。その度に欠員が出て目の回る忙しさである。友人が次々と志願して入隊していく。(当時の若者達の状況は、男女が声を掛け合うということなどはご法度。軍需工場で働いた給与は「俸給」として与えられ、自分で開封できないまま自宅に持ち帰り、親の「印」をもらって報告しなければならなかった。社会情勢はますます厳しくなっていたのである。)

そのような厳しい状況下で、十七才の少年は連戦連勝のニュースや町に張られたポスターに胸躍らせ海軍に志願した・・・
私も人並みに海軍に憧れるようになった。飛行予科練習生の募集が有ったが両親が許可をくれそうにない。やむなく認め印を盗み出して志願書を提出する。ほどなく区役所から筆記試験と体力テストの通知がくる。どうやら両親に見付からずに済んだようである。学科試験は国語と数学である。以前から準備していた事もあって割合簡単に答案を作成する。

次は体力検定である。マット体操、棒登りと綱ぶら下がりである。綱には瘤(コブ)が拵えてあって、これに二十秒以上ぶらさがる。学生時分から体操が苦手な私は大変心配したが、案外スムースに終わる事ができた。

こうして合格通知を待つ身となった。

当時私は徴用工としては初めて役付き工員に抜擢され。工場長から表彰されその日から役付きを示す白線入りの帽子を被ることになった。青年学校でも教官助手を勤める事となった。

程無く友人達に徴募令書が届き、勇躍して呉海兵団に出発して行った。待てど暮らせど合格通知が来ない。ついに痺れを切らし、区役所の兵事係りに問い合わせに行く。係員も首を傾げている。今頃通知が来ないのはきっと成績が悪かったのではないかと言う。試験成績を調べてもらったところ、両方とも満点に近い成績である。大至急調査してくれるよう依頼し役所を後にする。

四、五日して役所の使いが 『おめでとうさん』 と徴募令書を持ってきた。既に入隊期限を過ぎ令書には呉海兵団の所を赤線を引き第二相模野海軍航空隊と記されていた。両親が飛び上がる程驚いた。どうやら旭区の方に紛れ込んでいたらしい。目の球が飛び出るほど叱られた。

八月十五日が入隊の日である。入隊期日には十日余りしか余裕がない。早速親戚中に連絡が行き大騒ぎである。翌日早速工場長に報告に行く。苦い顔をした工場長は 『今君の手を失うのは大変残念だ。しかし、お国の為になる事だから止むを得ぬ』 と潔く了解してくれる。一週間余り挨拶回りや退社手続きに費やし、工場で歓送会を催してくれた工場内には女子挺身隊が百名余りがいて仕事を止めて総出で見送ってくれた。この日応召で陸軍に入隊する人が二名おり、代表して私が謝辞を述べる。

厚生課で給料清算を終え正門を後にする。正門には同期入社の年配者が守衛をしていて、監督官の金子海軍少将の署名の入った日章旗の寄せ書きを手渡してくれる。再び此の正門を潜る事は有るまいと思うと思わず振り返り、見送ってくれている守衛の人達に頭を下げて別れの挨拶をする。

入隊前夜、親戚中が集まって祝宴を開いてくれる。

            
           (出征の日 近所の人たちによる見送りの前に家族と)

いよいよ入隊の日が訪れた。徴募令書を懐に、贈られた日章旗を肩に掛け自宅前の歓送会に望む。隣、近所の人達が大勢で見送ってくれる。令書には入隊先が呉海兵団と成っていたがこれを赤線で消し「第二相模野海軍航空隊」と変更されていた。


集合地の大阪駅東口に向かう。現在は北から市内へ入る交通の要衝となっているが、当時は行き止まりで入り口に綱を張って本人以外は中に入る事を許されない。

(現在車の流れるガード下は、当時雑草のはえる広場で、ここが集合地。)

所々に憲兵が立って取締はなかなか厳重である。先着の友人が見付けて駆け寄ってくる。人込みにまぎれて見送りに来てくれた人達の姿が見えぬ。程無く下士官と兵が姿を見せ人員点呼が始まる。引率されてホームに上がる。

ホ一ムは立ち入り禁止となっていて一般の人は入る事を許されない。やがて列車が入ってくる。すでに多くの入隊者が乗車している。指定された客車に乗り込む。隣のホームには見送りの人達が大勢集まって声援を送ってくれている。

間もなく発車ホームから大喚声が上がる。我々もこれに答えて手を振る。京都駅、名古屋駅でも同じ事が繰り返され列車は一路東へ向けて驀進する。

第二相模野航空隊 第四期新兵教育概要
出   発 昭和17年8月13日
大阪駅発 18:08臨時列車
藤沢駅着 09:02乗換
江ノ島線西大和駅乗換
神中線大塚駅下車

神奈川県高座郡綾瀬村
第二相模野海軍航空隊

        −直属上官官職氏名−
内閣総理大臣

海軍大臣
軍令部総長
総合艦隊司令長官
横鎮守府司令長官
航空隊総司令官
司令
副長
新兵科長
五十三分隊長
新兵科付兼分隊士
小磯国昭大将(昭和19年〜)
米内光政大将(昭和15年〜)
米内光政大将
及川古志郎大将
豊田副蔵大将
野村直邦大将
松永貞一中将
篠崎磯次大佐
宮下省吾大佐
板橋富次郎大尉
唐木田袈裟蔵中尉
吉田重夫少尉
五十三分隊士


益田務少尉
一ノ谷正二兵曹長
矢野功兵曹長
伊藤清四郎兵曹長


(3)初めての夜

奮の一夜が明け、列車は藤沢駅に到着。小田急に乗換え、三駅目の新長後駅で下車。(大和乗換で大塚へ向かう隊とニ隊に分かれる) 暑い真夏の陽射しが容赦なく照り付ける。これから相模野航空隊まで徒歩行進である。 上空には飛行機が所狭しとばかりに飛び回っている。 思わず胸の躍るのを覚える。

引率の下士官が常に注意を払いながら全員を誘導する。


ようやく隊門に到着整列して入門する。衛兵司令所から気合いが掛かる。一瞬緊張が走る。

割り当てられた兵舎に落ち着く。出迎えてくれた教員は親切で何かと面倒を見てくれる。予想していたのとは大分様子が違うようである。これも四、五日の事で、後は目の球が飛び出るような物凄い訓練が待って居る事が後になって分かってきた。

夕食後、吊り床の作業を教わる。ネッチングと呼ばれる中二階にハンモックが整然と格納されている。食卓の前後の頭の上にはビームと呼ばれる梁が通っていてこれにフックという鍵が付いている。一般社会では敵性用語が禁止されて居たが海軍では関係なく、居住区はデッキ、階段はラッタル、部屋の中の梁はビーム、フック、桶はオスタップ、吊り床 (ハンモック)を納める所はネッチング、後ろへ下がるのはゴースタアン。総て此の様に呼ばれている。ハンモックには上下に丸い環が付いていてこれをフックに引っ掛けて吊り床をつくるのである。

        
               (海軍の「吊り床」と「衣嚢」)

後でわかった事であるがこれが「吊り床訓練」と呼ばれる作業で、当初四、五分も掛かっていたものが、後には三十秒程で出来るようになった。ハンモックは厚い帆布で出来ており中には毛布三枚がありこれをロープで四ケ所しばる。出来上がりは芋虫のようである。なにぶん初めての事で教員助手が手取リ足取りして教えてくれる。吊り床が出来上がったものの、これから寝るのが大変である。隣の吊り床に手を掛けて足の方から潜り込むのであるが、ぶらぶらしていて方向が定まらない。方々で失敗して床の上に落ちる者続出である。やっと潜り込んだものの、どうして寝て良いのか分からぬ。吊り床がこんな窮屈な物であるとは知らなかった。

大騒ぎのうち入隊第一日が過ぎ去って行く。スピーカーを通して色々な号令が掛かるが何の事やらさっぱり分からない。

そのうち巡倹時刻となった。物悲しい巡倹ラッパを聴いていると、しきりに故郷の事が思い出されてくる。ようやく寝静まった頃あちらこちらで 『どすん』 と音がする。吊り床から落ちて目を白黒している友を見かける。

一夜明けて「総員起し」の号令が掛かる。午前六時三十分である。一勢に飛び起き吊り床をたたむ。力一杯締め付けるが旨くいかぬ。どうにか形を整えネッチングに収納する。

何分初めての事で要領を得ず教員助手の指示に従って洗面、朝食と型通り進行する。

本日は午前に身体検査がある。折角大勢の人達の励ましを受けて入隊しながら身体検査ではねられては叶わない。漸く無事終了、ほっとする。それでも四、五名は不合格となり即日帰郷を命ぜられたようである。午後は身の回りの整理という事である。

翌日、軍服の支給をうける。冬の第一種軍装に始まり夏の第二種軍装、帽子、下着、靴など一式である。海軍では私物は一際認められず、着用してきた私物は一まとめにして故郷へ送り返す事になる。(下の図は「兵」の軍服で、左が第一種軍装、右が夏用の第二種軍装。日常の課業などは「エンカ服」(つなぎの作業着)を着用して過ごした。)

          

(4)新兵教育始まる

隊分けがあり、京阪神出身者は十一分隊。愛知、三重、石川、奈良、和歌山、兵庫出身者は十二分隊と決定した。各班に分かれ隊内見学に行く。兵舎は第四兵舎に決定した。(注〜この後で、十一分隊と十二分隊は五十三分隊として統合される。さらに、体力的に問題のある者などを「保健班」として五十四部隊を設けて収容している。また、入隊後の身体検査で兵務に耐えられないと判断された者も2名出て帰省させられているが、すでに隊の厳しさが分かりつつあった若者たちは「うらやましかった。」ともらしている。)

兵舎は三ケ所の居住区に分かれこれを「デッキ」と呼ぶ。各デッキには食卓十二卓一卓十名であるから総勢百二十名、一ケ分隊は三百六十名である。一デッキに教員三名、教員助手三名が教育に当たる。分隊の先任教員は最古参の上等兵曹がこの任に当たる。

入隊十日程したある日、いよいよ「命下」が行われることになった。

命下(メイカ)とは海軍軍人として命令されることをいう。
前夜、第一種軍装(注〜濃紺の制服)左腕に碇のマークを取り付ける。この上に黒い紙を張る。海軍ではこれを「カラス」と呼ぶ。

翌日起床後 『本日〇九〇〇より第四期新兵の入隊式』 と号令が掛かる。我々の事である。
定刻、第一種軍装を着用総員集合場に整列する。司令初め、副長、当直将校が号令台に上る。各教員も正装で式に臨む。皇居遥拝の後、当直将校から 『〇〇外何名』 と読み上げられ司令が 『海軍二等整備兵を命ず』 と命下を下出す。
晴れて海軍軍人となったわけである。

左腕のマークの上の黒い紙を一勢に取り外す。碇(イカリ)のマークが輝いている。

               

司令の訓示の後、隊後を整へ兵舎に向かう。

居住区に入って驚いた。各自の衣類が大きな籠に山盛りになっている。教員がバッター(注〜海軍の用いた軍人精神注入棒)を持って待ち構えている。 『聴け、貴様らは昨日まではお客様であった。今日からは帝国海軍軍人である。この整理整頓の状態を見よ。これで海軍軍人と言えるか。これから軍人精神を叩き込んでやる。一人ずつ出て来い!』

当時私は当直班務で第一番にバッターの洗礼を浴びることになった。 『後ろ向け、歯を食いしばれ、腕を上げ。』 第一発が尻を見舞う。ずしんと脳天に突き上げる痛み。目の前が真っ暗になる。続いて二発目。合計三発を食らって交替する。全員がバッターの洗礼を受け解散する。


散らかった衣類の整理は又大変である。
以前は衣嚢と呼ばれる帆布製の縦横約四十センチ長さ約一メートルの袋に収納した。これを衣嚢棚とよばれる四角に仕切った棚に収納する。我々は物資の不足からか草色のリュックサックを支給された。誠に格好が悪い。この外に手箱という木製の箱が支給される。この中に日常使用する小物を収納しておくのである。

その夜から吊り床訓練が始まる。何回も訓練が続く全身汗まみれである。バッタ一を持った教員が点検に回り不充分な者はその場でバッターである。


翌日からは銃をかついで陸戦訓練である。
広い総員集合場を駆け回る。入隊前に青年学校で教育を受けている関係からか割合スムースに訓練が進む。手旗信号の訓練も始まる。入隊に供えて勉強して来た者にとっては何でもない事の様であるが、その知識の無い者は大変である。教員が色々な言葉を手旗で表し、一人宛順に答えさせる。正解者は座る事を許されるが正解できぬものは集合場の回りを二回三回と駆けさせられる。食事前ともなると大変である。
解答した者から順に兵舎に帰って食事が出来るが正解出来ぬ者は何時までも食事を取ることを許されない。この外に手話、手先信号など色々な教育が始まる。罰直も始まる。腕立て伏せ、手箱座り、吊り床ささえ、等は日常行われる。


雨天の場合は座学が多い。分隊長、分隊士、教員から日常の生活に付いて講義がある。
海軍の生活は総員起し五分前から始まる。五分前の精神は海軍独特のもので次の動作に移る準備である。先ず吊り床係りが起床する総員起こしで一勢に飛び起きる通常総員起こしは午前六時三十分である。直ちに吊り床を納め廊下に整列、日課手入れが始まる。
テーブル、椅子を片付け廊下に常備されているオスタップと呼ばれ防火用に水が満たされている木製の桶に軍艦のもやい綱をほぐした雑布(ソーフ)という雑巾で床を拭いて回る。毎日する訳でないが時々行われる。バッターを床に 『どすん』 と突き立てた教員の 『回れ』 の号令で雑布を押して回る四、五回もこれを繰り返すと真冬でも汗びっしょりとなる。


新兵教育期間中に衣嚢点検が行われる。支給された衣類の員数が不足していないか点検を受ける。衣類は洗濯中に盗まれる事が多い。不足分は何としてでも揃えなければ成らぬ。この場合スペアーを持っている戦友に点検の間融通して貰うか 『銀蠅』 と称する盗みを働くしか方法がない。
スペアーは絶対無い筈であるが、余分に持っている者がいるのは誠に不思議である。


(5)銃紛失事件と死亡事故

科も大分進みようやく隊内生活にも馴染んだ頃、大問題が発生した。

兵科と異なり新兵教育以外に銃の取扱いの機会の少ない航空隊では銃は不足がちである。そこで各分隊毎に銃を貸し借りして不足分を補っていた。兵器係りの教員の引率で隣の分隊へ借入に行き、さて返納する時になって銃が一丁不足している事が分かった。
全員で探した結果、一少隊の隅に残って居るのが発見された。かんかんに成った兵器係りの教員は三区のデッキに総員集合を掛ける。返納を忘れた兵に名乗り出る事を求めたが申し出る者がなく、全員制裁を受ける事になった。意を決して私が名乗り出た。教員は所属を尋ねた。「第一班第一卓当直班務」と答える。「よし分かった、お前でない事は分かる。責任上名乗り出てくれたのは嬉しい。これからお前を殴る」と言われて五発バッターを食らう。当時一班の班長は外出中で帰隊後総員バッターをくらう。返納を忘れた兵は徹底的に叩きのめされ、これが原因で入院する羽目となった。

この事件が有ってから、私的制裁を禁止する通達が出た様であるが、その後も制裁は続いた様である。或る夜の事である。真夜中に総員起こしが掛かる。眠い目を擦りながら整列する。この分隊から脱走兵が出たと知らされる。全員が捜索に駆り出される・厳しい訓練に耐え兼ねてのものらしい。明け方まで捜索したが行方が分からない。後日郷里で憲兵隊に逮捕されたらしい。


教育の途中実弾射撃が実施される事に成った。座間の陸軍射撃場に向かう。
この成績が今後の進級を左右すると有って真剣に取り組んだが余り成績は良くなかった様な気がする。

新兵教育の総仕上げとして、分隊合同の陸戦が行われる。相武台を中心に遭遇戦、撤退戦が開始される。撤退戦に入り暑さの中一人倒れ二人倒れ次々と落伍者が出る。遂に死亡者が発生した。隊内で葬儀が催まれる。



(6)新兵教育終了

育終了を間近に控えたある日、デッキに転勤者の氏名が掲示される。

大勢が隊を後にする。短い期間であったが共に苦しみ、共に励ましあい、寝食を共にした戦友が袂を分かち、各地の部隊へ転勤して行く。一侏の寂しさと共に彼等の健闘を心から願うものである。

いよいよその当日がやって来た。正装して総員集合場に整列する。型通り、司令の訓示の後進級が発表される。晴れて本日から一等兵である。式の後、隊退者は隊門に向かう。送る者、送られる者互いに言葉を掛け合いながら別れを惜しむ。

(注〜若者たちは軍の基礎教育である新兵教育が終了すると「一等兵」となり、各地の実戦部隊に配属される。この後、整備兵としての教育を受ける者たちは部隊編成がある。父の時には2年以上を要しており、その間は機体整備の実習が行われるなど、変則的な扱いとなっている。)

在隊者はこの日を以て第百十二期普通科飛行機整備術練習生となった。

短い月日の間には入隊前には想像もつかなかった色々な出来事が発生した。厳しい制裁は勿論の事であるが、その内にも引率外出や両親の面会、厚木川からの石運び、そんな事も思い出となって、今日からは整備兵の卵として教育を受ける身となる。


新兵入隊〜卒業までの日誌

 昭和17年8月21日
  第四期新兵入隊式


     (以降、9月19日までの約1ヶ月の記録不詳)


 9月20日
  第三期新兵卒業式(注〜毎月のように新兵が入隊し約2ヶ月の教育を受ける)
  終日 分隊訓練

 9月21日
  終日 分隊教練
  1830より司令の温習点検
  酒保開催される(注〜新兵に酒は買えない。石鹸、菓子などの配給所化)
  今日までの考査
    徒手教練(100) 軍制(50)
    兵概(30) 銃各個教練(100)

 9月22日
  陸戦要務の考査あり(50)
  午前 分隊教練、中隊、小隊、分隊の隊形
  午后 最初の拳銃操法
  53、54分隊保健班江ノ島へ移動訓練

 9月23日
  座間陸軍士官学校に於て53分隊全班の実弾射撃試験あり行軍す(5射50点)

 9月24日
  第五期新兵我等の後輩入隊す
  演芸会開催される。リンゴの酒保あり。
  軍歌演習、被服整理、洗濯

 9月25日
  映画会(姿三四郎)あり我等全員見覧する。間食酒保会あり。
  午前 整備術
  午后 口達伝令、手先信号

 9月26日
  運用術の試験あり(70)
  明日の分隊点検の為、被服整理す

 9月27日
  0715我等、第2回目の分隊点検あり。
  第一種軍装にて小銃の件で53分隊全員にバッチョク。
  午前 勅行
  午后 飛行場にて分隊教練

 9月28日
  修身第1回目試験あり(50)
  午后、銃剣術防具着用最初
  54分隊本日野外演習に行く

 9月29日
  野外演習あり(大塚駅まで通常行軍、栗原神社まで伝令、斥候、炎兵訓練にて昼食。ススキ原にて哨兵勤務す。帰隊途中追撃戦、退却戦にて帰る)

 9月30日
  明日開隊一周年記念日なるも日曜のため本日午后本隊全員の競技会開催される。
  新兵科としても多数出場。昼食入隊以来の御馳走赤飯なり。
  第五期新兵入隊式あり。

 10月1日
  江ノ島へ移動訓育の予定なるも、雨天のため取り止めとなる。
  酒保あり(菓子1個)

 10月2日
  野外訓練の予定であったが雨天の為
  午前 整備術
  午后 手旗、手先、体操
  本日の寒さ又格別であった

 10月3日
  手旗信号、手先信号の試験あり
  午后 銃剣術
  本隊副長宮下大佐、藤沢航空隊に転勤される

 10月4日
  午前 陸戦要務の復習あり
  午后 手旗信号、手先信号
  酒保(菓子 コンペト)あり

 10月5日
  被服点検あり
  整備術の考査あり

 10月6日
  雨天の為、
  午前 銃剣術の試合
  午后 手旗、口達伝令の仮試験
  明日野外演習の為用意する
  バス無し 本日の寒さ又格別である

 10月7日
  1900より酒保に於いて映画会(芝居道)及びニュースあり
  我等見覧に行くも、雨天のため途中が困難であった
  酒保菓子あり

 10月8日
  洗濯、軍歌練習などあり
  梶谷班長外出される
  夕食后演芸会あり多数出場する
  明日野外演習の為用意する

 10月9日
  野外行軍目的地ゴルフ場へ強行軍する
  班より資生堂歯みがき粉の配給あり

 10月10日
  待望の総合演習(四期新兵)0630出発
  ゴルフ場に向かって警戒行軍
  ゴルフ場に於いて陣地攻防戦あり。
  帰り駈足にて大塚駅まで帰へる。
  16班沢田ニ整駈足の為遂に永眠する
  1910出発 綾瀬小学校へ夜間演習、成績極めて良好なり

 10月11日
  午前 洗濯温習
  1300より病室に於いて我等新兵卒業生並に練習生入学の身体検査あり
  百八期練習生卒業式あり

 10月12日
  故海軍一等整備兵沢田文雄君の英霊に対し、1000より酒保に於て海軍葬儀が施行される。53、54分隊全員参列する
  午后 14日の軍用査閲の為、全員中隊教練あり

 10月13日
  午前 銃剣術各班対抗試合あり
  午后 明日の軍用査閲の予行演習あり
  手旗信号

 10月14日
  新兵教程終了の軍用査閲あり
  司令講評非常に立派であった
  1500より酒保に於て第四期全員に司令訓辞あり
  戦時情況、司令真珠湾攻撃参加の話。
  卒業后の注意

 10月15日
  洗濯、軍歌練習あり
  夜、三部デッキに於て二部、三部合同の演芸会あり

 10月16日
  1730より横須賀海兵団軍楽隊の元に軍歌演習あり

 10月17日
  0715より祭典あり
  午后 第四期新兵技能競技会あり司令見覧の元に厳かに施行される
  小野班長引率の元に53、54分隊より20名933空に転勤の為出発する。
  全員見送る

 10月18日
  技能競技会の優勝班(54分隊2班)の賞品授与式あり
  午前中貸与品掃除服、黒帽、巻脚絆、略靴、各教科書、防具等返納する
  午后 隊内勤務(衛兵、取次、番兵、従兵)の実施教育を受ける

 10月19日
  午前 兵舎大掃除、被服整理
  午后 卒業に関し分隊長の訓辞あり
  その後二部の甲板に於て謝恩会、演芸会開催される
  夕食後一等兵の階級マークを一種軍装に付す。嬉しかった。

 10月20日
  0830より第四期新兵待望の卒業式あり
  遂に一等整備兵を命ぜらる



(7)整備練習生生活

任の教員、教員助手はすべて整備科の出身である。

          
        (第112期普通科飛行機整備術練習生時代 相模川畔にて班長を囲んで)

教本の配布を受ける。教科は機体整備(機整)発動機整備(発整)点検整備(点整)の三教科である。各区のデッキが教科毎に分かれその教程が終了する度に入れ代わって次の教科に進む。各教科には実務と座学とがある。練習生教育はテストの集大成である。この総合点が各人の成績である。テストも普通と異なり、三十秒か精々一分間である。

機整ではボードに高度計、速度計、油圧計、旋回系、筒温計が図示されていて針がそれぞれ温度、速度等を指している。このボードを一分間程見せてくれる。示された指針を答案用紙に書き込むのである。

この様に午前からの授業は午後には直ちにテストが行われる。授業はほとんどの場合、飛行場の格納庫(パート)で行われる。夏は眠く、冬は震え上がるほど寒い。誠によく考えたもので、安眠防止椅子と称する椅子で授業を受ける。T字型をした一本足の椅子で、居眠りでもするとたちまち 『どすん』 とひっくりかえる。見回りの教員からごつんとやられる。速成教育とでもいうか教科の進行が物凄く早い。皆に遅れぬ様、巡検後の暗い保安灯の下で予習、復習をしたものである。

我々の教材三菱96式陸上攻撃機は既に第一線機としての使命が終り、一式陸上攻撃機に任務が引き継がれていた。教材の機体は飛行場の片隅に鎮座して居た。

練習生生活の中で忘れ得ぬ思い出がある。我々が発整の教程に進んでいたときの事である。担当の教員が練習生の思い出に九六陸攻のエンジンを掛けようと言い出した。何年も教材として野晒しになっているエンジンが果たして動くのであろうか。皆が疑問を感じる。
エンジンを降ろさなければ成らぬがクレーンが無い。仕方なく搭載したまま分解することになった。先ず兵舎跡に行って柱を拾ってくる。番線で括って足場を組む。プロペラを降ろしシリンダ一を分解する。パートに持ち帰り、バルブのすり合わせを行う。キャブレーターが錆で動かなくなっている。洗い油で洗浄し、どうにか動くようになった。

一週間も掛かったで有ろうか、元通り組み立てが終わる。何処で銀蠅して来たかガソリンを注入する。足場を取り払い、教員が操縦席に座り助手が圧縮を行う。我々は遠く離れて見学している。二回三回と始動を開始するが一向に掛かりそうにない。日も夕暮れに近く、とっくに課業終め済んでいる。食卓番は先に兵舎に帰って用意をしている。 『ブスブス』 エンジンが咳き込み始めた。やがて大爆音と共にエンジンが掛かる。大喚声である。風雨に晒されたエンジンに再び生命が吹き込まれる。大感激である。我々にとって忘れ難い思い出である。

この頃になってくると、入浴もままならぬ様になり自然に虱、疥癬等が大流行する様になった。暇を見付けては虱取りである。教員もこれには閉口していた様である。ドラム缶を利用した薬風呂が用意された。



(8)練習生卒業

習生生活も終りに近付き、配属先の希望を書いて提出する事になった。出来得る限り地元近くの部隊に転勤出来る様、鈴鹿空と岡崎空を希望する。

教員から呼び出しがあり、高練予定者として隊内に残る事を指示される。次々と呼び出されて教員室行く。中には教員助手として残る者も居るらしい。
卒業も間近に迫ったある日、配属先が次々とデッキに張り出される。大勢の人が厚木空に転属になる様である。木更津、岡崎、藤枝、稲取、鈴鹿と各地の航空隊が発表される。

待ちに待った卒業の日が近付いた。左腕に桜のマ一クを取り付ける。この頃になると教員も喧しく言わなくなった。転勤先の予想で落ち着かないのではないかと想像する。卒業式前夜、興奮してなかなか寝付かれぬ。入隊して約半年共に苦労を重ねて明日は練習生に別れを告げるのかと思うと嬉しさと共に戦友との別れが一まつの淋しさを掻き立てる。

巡倹後スピ一カ一が鳴り出した。
『巡件終り、明日の日課を達す、〇六三〇総員起こし、〇七〇〇軍艦旗掲揚.〇八〇〇第百十二期普通科飛行機整備術練習生卒業式、〇九三〇退隊者整列、その他予定表通り』 いよいよ来たなと感を新にする。

翌日は快晴。定刻、総員集合場に整列する。左腕には努力の結晶、桜のマ一クが誇らしげに輝いている。司令、副長、当直将校が台上にのぼる。皇居遥拝の後、当直将校が卒業式の開始を宣す。続いて 『〇〇外〇〇〇名は普通科飛行機整備術練習生を終了した』 と報告される。司令からお祝いと共に実施部隊では更に研鑽努力をする様訓示される。優秀練習生の表彰が有り、式は三十分程で終了した。

退隊者は直ちに任地に向け出発との事。挨拶もそこそこに本部前に参集する。間もなく 『退隊者整列。在隊者は見送りの位置に付け』 と号令が掛かる。他の在隊者と共に隊門道路に整列する。班長も本日を以て千歳空に転勤される事に成った。教員、同期生その他多くの退隊者が見送りの列の中を進んでくる。 『お世話に成りました』 『頑張れよ』 お互いに声を掛け合いながら別れて行く。

人生には幾度も出会いと別離が有るが、この様な厳しい環境下の別離もまた虚しいものである。隊門を後にした者、見送る者、お互いに向き合う。 『帽振れ』 の号令と共に軍帽を振って別れを惜しむ。

後の話しになるが、この退隊者の大半は輸送船でフイリッピンへ向かう途中、潜水艦にやられて戦死したそうである。心からご冥福をお祈りするものである。



(9)実施部隊配属は衛兵隊

舎に帰ると、それでも約半数の人が残っている。昨日までの激務がまるで嘘の様である。転勤に備えて身の回りの整理に時間を費やす。日を追って同期生が次々に去って行く。デッキは淋しくなるばかりである。
とうとう残るもの八名となってしまった。昨日まで奪い合った食事が今は余り返る様になった。

戦局は日を追って厳しさを加えつつ在るようである。練習生の間に防空壕堀に度々狩り出されたものであるが、この頃にはほぼ完成し各分隊共地下壕生活に入っていた。

ある日、教員助手がやってきて 『おまえ達は暫く定員分隊に配属される事に成った。これから行くから身の回りの整理をしろ。』 と言われる。引率されて十兵舎の定員分隊に向かう。定員分隊とは何の事か分からない。道すがらそっと聞いてみる。
『衛兵隊の事だ』 と教えてくれる。今から考えるといわゆるスペアー配置だったらしいが、折角桜のマークを付けながら番兵とは情けないと、がっくり来る。

着任して驚いた。役員卓とでもいうか、善行章を四本付けた下士官、兵長ばかりで、新米の兵隊は我々だけで有る。五十三、五十四分隊から約十五名程が転勤した。先任下士官から訓示が有る。覚悟していたバッターが無い。(注〜善行章は海軍在勤3年につき1本付与され、最高5本。下士官とは「少尉」などの士官、准士官の下にあり、兵の上にある位。海軍では「兵曹」「伍長」と呼ばれ、実戦部隊を指揮する重要な役割を持つ。兵長は兵の最上位。)
          
早速雑用に追い回される。衛兵隊は隊内外の保安業務に携わりその任務は広大である。通常の番兵業務の他公用使、郵便使、取り次ぎ、儀杖兵、巡邏隊とその任務は広範囲にわたる。衛兵隊の長は先任衛兵伍長で隊内で最古参の上等兵曹である。番兵は兵舎、隊門、移動に分かれ、これを三ケ班が交代して勤務する。昼間はさほどではないが、夜間勤務は誠に辛い。(注〜父から聞くと、衛兵当時の睡眠時間は2、3時間しかなかったという)

この頃になると、度々敵の艦載機の襲撃を受ける様になりその都度退避する。郵便使は当直の明けた班の若い兵隊がこの任に当たる。郵便屋さんが掛ける黒い大きなカバンに、本部で郵便物を受取り先任衛兵伍長室で申告する。 『当直先任衛兵伍長午前郵便使出発します。海軍一等整備兵〇〇〇〇、行先長後郵便局、用件一般郵便物取扱い、帰隊時刻用件済み次第、速やかに帰隊します。』 申告を終え郵便使の腕章と入出門許可書に印鑑を押してもらう。これを隊門の当直衛兵司令に提出する。
隊門は非常に厳しい所であるがそこは仲間内の事で余り厳しく言わない。これから四キロの道を重いカバンを提げて往復するのである。しかし隊門を一歩出ると何か解放された様なしばしの自由を楽しんだものである。

横須賀公用使は古参の上等兵、兵長が此の任に当たるが、此の当時は非常に移動が激しく間もなく我々に順番が回って来た。二、三回先輩の見習いの後、一人で任務に就く。公用文書取扱いが主な仕事である。午前九時に本部前から公用バスが出発する。鎮守府に用件のある士官が多数乗車してくる。公用使の座席は決まって居て運転席の横である。出発時本部で当直将校が内容を点検しカバンに鍵を掛ける。途中で明ける事は出来ぬ。帰りも又同字である。約一時間三十分で横須賀に到着。本部で開錠して貰い各局え文書を提出し受領印を貰う。主計室で貰った弁当を食べなからしばし休憩する。午後一時バスが出る。帰りは厚木空経由である。

此の頃は班の者は当直に就いているので次の当直まで休憩出来る。先任衛兵伍長が特に目を掛けて呉れ、夜間当直の折りには隊外巡邏に連れ出してくれる。夏の暑い盛りの事で見てはならぬものを見掛ける様になった。巡邏隊は日曜、祭日に編成される。甲板士官と先任伍長、非番の下士官二人、兵二名である。
他の部隊と異なる事は航空隊は全員半長靴を履く。士官、下士官は拳銃を携帯する。兵は丸腰である。左腕に巡邏と墨書された白い腕章をつける。受け持ちは藤沢、江ノ島、鎌倉大宮まで、北は小田急沿線の新宿までである。これを全部巡回するのではなく、甲板士官が選んだコースを巡回する。

巡邏隊の権限は大したもので外出中の上級士官でも先に敬礼して来る。下士官、兵は答礼の必要がない。外出中の軍紀、風紀の取り締まりが任務で服装の乱れや欠礼には特に注意が払われる。飲食店、映画館などは立ち入り点検する。異性同伴には特に注意を払う様申し渡される。中には妻帯者も居り、なかなか見分けが付かず難しい。この日は当直勤務はすべて外される。衛兵隊の中にはスペアー配置の者が居て補充がきくようになっている。

定員分隊へ転属して間もなくの事で有るが、二相空が十二練空司令の東久爾宮朝融王殿下の視謁を受ける事になり、我々の班が儀杖隊として選ばれることに成った。どうして選ばれたのか分からぬが、多分非番直当たっていたからでは無かろうか。衛兵伍長は三重県出身のボタモチ二等兵曹篠○兵曹である。何分初めての事でコチコチになって居る。我々も同様で有る。同じ班には愛知の永○、奈良の細○、伊勢の中○と同期生が四名居る。

前日、分隊士から厳重な服装点検を受ける。この頃はほとんど第三種軍装(注〜日常の作業に着用する制服)に成って居たが、儀杖兵だけは真っ白な第二種軍装である。この日ばかりは初めて当番バスに入る事を許された。

総員集合場の最前列に整列する。 『着剣』 と号令が掛かる。五台の自動車が到着。先頭の車から司令と十二練空司令とが降りられる。後ろの車からは金ビカの幕僚が次々と降りてくる。 『捧げ銃』 の号令の中、司令を先頭に朝融王殿下が前を通り過ぎて行かれる。殿下は司令に比べて割合小柄で肩の懸章が眩しく光る。何か所々で歩を止めて質問をされている様である。約一時間余りで無事終了ほっとする。



(10)一式陸攻激突事件

うやく当直にも慣れたある日のこと、私は第ー第二兵舎の兵舎番兵についていた。

当時は殆どの分隊が防空壕に移り、兵舎は空き家となっていた。すぐ近くには北門番兵がおり、一相空と二相空を繋ぐ通称「連絡道路」に面している。ご記憶の方も多いと思うが、冬の耐寒訓練で走った御馴染みの道路である。

人ケの無い兵舎の事で特に注意をする事もなく巡回していた時のことである。北門番兵の只ならぬ声に驚いて飛出して見ると、声にならぬ声で一相空の方を指差している。常時携帯している筈の銃もそこら辺りに見当たらぬ。見れば一式陸攻が連絡道路へ向けて着陸してくるでわないか。北門番兵と私はー目散に逃げ出した。

    
                 (出所不明の写真)

ようやく八兵舎あたりまで逃げ出して後ろを振り向くと、既に着陸した一式が物凄い勢いで突っ込んでくる。右エンジンは真っ黒い煙りをはいてプロペラはすでに停止している。北門には東側に番兵塔と照明用の電柱がある。これは大事故になると直感した。行き足の止まらぬ一式は既に目の前に迫ってくる。進退極まった私逹は只呆然と成り行きを見守った。

一式は先ず左翼で番兵塔と電柱を薙ぎ倒し、機首を左に振りながら第ー兵舎の西端に衝突、左翼を兵舎にくいこませたままー回転して南西側から兵舎の西端に突入ようやく停止した。幸い火災の発生は無い模様。(左の地図はヤスのメモを元に、カズが描いたもので、実際とは異なります。)

私達は一目参に隊門に連絡に走った。既に異常に気づいたのか、番兵長初め控えの兵隊が飛び出してくる。直ちに救助隊が編成され我々も参加する。

付近に人気のないのが幸いであった。機内には二名の士官パイロット始め後部座席には六名の士官がベルト着用のまま死亡していた。参謀肩章をつけて居られた様である。


隊にはすぐに敢口令が敷かれ、事故を目撃した我々は直ちに厚木基地に出頭を命ぜられた。大勢の士官の待機する部屋に通され、事故目撃の状況を報告するよう命じられる。
北門番兵は水兵科出身で飛行機の事はいっさい分らぬ様である。質問は集中して私に来る。二日間の状況聴取の上、ようやく帰隊を許される。帰り際に、この事故に関してはいっさい口外しては成らぬと巌命を受ける。


帰隊して直ちに先任衛兵伍長室に報告にいく。
先任伍長から更めて状況聴取を受ける。その場で衛兵勤務を解かれ、司令公室従兵を命ぜられる。今から考えると此の事故の秘密を守るため私の衛兵隊勤務を解いたものと思われる。しかし所属は定員分隊のままである。

翌日から誠に気楽な勤務が始まった、今迄の当直勤務がなくなり夜はゆっくり休むことができる。司令は毎朝七時頃公室に出てこられるそれまでに掃除と茶の用意をすれば後は用事がなく、公務で出掛けられることが多く、ー日中読書を 楽しんだものである。司令から赤本を頂き、一相空入隊に備へて勉強するよう注意をうけた。篠崎司令はその体格に似ず誠に穏やかな人柄で、滅多に用事を命ずる事はなく、来客の士官に何かと用事を言い付けられた事を記憶している。



(11)司令公室勤務従兵、Z旗に走る

局が厳しさを増すと共に連日の様に艦載機が攻撃してくる。

司令部も庁舎を出て林の中に設けられた仮設の本部で指揮をとる様になっていた。連日東京、横浜方面に大空襲が有る。天を焦がす様な真っ赤な火が何時までも消える事がない。あの火の下で沢山の人達が逃げ惑い焼け死んでいくのを思うと胸が痛む。

衛兵隊に勤務中、或る大事件(一式陸攻激突事件)に遭遇するので有るが、此の事件に付いては別文で記したので此処では省略する。此の事件が基で衛兵勤務を解かれ司令公室勤務従兵として勤務する事になった。(注〜一式陸攻激突事件が若い目撃者から外部に漏れることを恐れた処置と思われる)

本部の対面には高い櫓が立てられ、常に見張り員が当直する事になった。

ある時 『厚木空にZ旗が揚がりました!』 と本部に連絡が入る。程無く 『厚木空にZ旗が揚がった。手すきの者は飛行場に見送りに行け!』 と号令が掛かる。司令は外出中である。従兵長に許可を貰い、一参に飛行場に駆け付ける。特攻機の発進である。

        
       (初めての特攻隊 昭和19年10月20日 「特攻総決算」光人社発行)

彗星が、零戦が、九七が次々と飛び立っていく。離陸点まで駆け付け夢中で帽を降る。搭乗員も手を振って応えてくれる。再び帰る事のない基地に別れを告げ死の旅に飛び立っていく搭乗員。 「神の姿」をそこに見る気がする。 (注〜ヤスも整備兵として特攻志願を求められ提出。当時、特攻を断れる雰囲気ではなかった。大型機では整備兵も搭乗しなければ飛べなかったのである。)


司令の不在が多いので公室では用事がない。暇に明かせて司令から頂いた機体要項の赤本を読み耽る。

待望の転勤命令が到着した.



(12)第二相模野海軍航空隊から第一相模野海軍航空隊へ

相空(第ニ相模野海軍航空隊)で司令室従兵を命ぜられ勤務三ケ月目に待望の転勤命令が発令された。

転勤先は第一相模野海軍航空隊である。
転勤者は私を含めて三名である。司令部前に整列して当直将校の検閲を受ける。今日の当直将校は顔馴染みの岡○中尉である。頑張って来いと励ましを受け、同じ退隊者の先任の下士官の号令で隊門へ行進する。
隊門には斎○兵曹が衛兵司令で頑張っている。 『○○頑張って来い』 と声を掛けて呉れる。隊門番兵には大○ー整が当直中にも関わらず駆け寄って握手して励まして呉れる。

隣の隊への転勤で歩いて行く。隊門で申告を済ませ裏の待機所で待っていると下士官が迎えに来て呉れた。配属先は散り散りで二人は何処に配属されたか判らない。私は第四分隊配属と決まった。しかし各地区からの転勤者が揃わない。この分では分隊編成は何時に成るか判らない。現在転勤者は二十三名である。

聞くところによると、通常(実戦経験のない)練習航空隊から高等科に転勤して来る事はなく、実施部隊経験者が選抜されて転勤して来るのが通常だそうである。事実、練習航空隊からは岡崎空からの二名と私だけで、後は各地航空隊からの転勤者である。
それだけに風当たりが最初から厳しく何かにつけて当たり散らされたものである。普通科終了の桜のマークを付けて居るのは我々三名だけである。
班長は千歳航空隊からの二整曹で非常に若く実施部隊で鍛えられた様子が見受けられる。その後各地から転勤者が増えて、中には下士官任官直前の者も居るらしい。

そのような中で突然、司令部から私に呼び出しが掛かる。班長がびっくりしている。
司令部に行くと篠崎司令が居られて、聞くところによると司令はニ相空と、こちらの一相空(第一相模野海軍航空隊)の司令を兼務される事になって分隊編成ができるまで従来通り、司令室の従兵勤務をするよう命令される。



(13)機体整備作業

行機の整備は下士官の班長を軸として機付兵が夫々専門に別れて整備に当たる。(注〜1機ごとに専任態勢で機付兵として6名程度が配置され、各自の整備部位も固定されており、ましてや複数の機材や異機種を担当することはなかった。)

機体、エンジン、操縦系統、脚部、燃料系統、中でもエンジンは古参兵が若い兵隊を指揮して整備に当たる。当時は現在のような充実した資材も無く、プロペラの取り外し、取り付けは丸太で組んだ足場で肩に担いで行ったものである。
エンジンは分解すると何万の部品になって管理が大変である。若い兵隊の仕事の第一番は洗油で各部の洗浄である。冬場は冷たい洗油の中での作業は誠に辛い。シリンダー弁の擦り合わせ、磨耗の点検、誠に目の回るような忙しさである。少しでも手を抜いていると古参の兵のスパナが飛んで来る。

組立てには細心の注意を払わなくてはならない。

中でも気化器支台の取り付けにはいつも泣かされる。気化器本体の上から取り付けるのであるが、ビスを内側から取り付けねばならない。冬の最中の事でかじかんだ手でビスを摘んでいると、つい内部へビスを落してしまう。さあ大変である。この頃にはエンジンは大半組上がっている。エンジンの中へ落としたビスはもう一度分解しなければ取り出す事が出来ない。班長の顔色が変わる。整備終了日は目前である。今日は徹夜になる。全員罰直を覚悟しなければならない。

時にはこうした失策を頬かむりして整備を終了する。

直ちに試運転が行われるが直ぐに事故が発生する。中には第一線に復帰してから事故が起こる事がある。此の場合、飛行中にエンジンストップして不時着の時は未だ良いが墜落でも為ると大変である。事故調査委員会が設けられ事故機を持ち帰り調査になる。エンジンをばらして見るとクランク室は傷だらけになり、中からビスの破片が出てくる。直ちに機付兵の取り調べが始まる。悪くすると軍法会議である。
結局班長と事故を起こした兵は転勤となった。

製造工場から次々に新鋭機が配置されて来る、直ちに試運転が開始される。
私達が整備に従事していた頃は新鋭機には必ずスペア部品が付属されていた。此の部品を集めて管理部を作り保管されるようになった。

試運転の終わった機は次々に部隊に配属されて行く。

我々も練習航空隊で教わった事を思い出し乍ら古参兵の仕事を真似て整備に当たる。日常は飛行の終わった機はパイロットから異常の有無を聞き点検整備に入る。このほか第1、第2、第3に別れ、第3になるといわゆるオーバホールの段階に入る。航空機製造工場から届いた新鋭機は機種毎に部品が異なる為他に転用出来ない。この為旧型の修理に手間取る事がしばしば発生した。(注〜ねじ1本に至るまで、部品は機種毎に分離管理されていた)

戦後、戦友会の会合で航空基地の見学が催され、ジエット戦闘機の整備の様子を身近に見学する事が出来たが、我々の時代の整備の状態とは格段の進歩した姿に驚いたものである。現在は各部の機能がーケ所に集約ブロック化されていて故障が起これば此処の部品を交換すれば直ぐに復帰出来るようになっている。時代の進歩と共に航空機の進歩の素晴らしさに感慨を感ずるものである。



(14)分隊編成

月十六日分隊が編成される。
我々は第四分隊である。覚悟をして来た事で有るが、一相空の日課は二相空とは大違いで我々は人一倍苦しむ事になった。今までの二相空では主に九六陸攻を専攻したのであるが、此処では夫々専門の機種に別れて訓練を受ける事になる。パート(注〜格納庫)には彗星、九七、零戦、紫電など第一線機がずらりと並んでいる。

我々は彗星を専攻する事になった。

        
                 (出所不明の写真)

五月下旬、課業が始まる。実機を経験している人達と異なり新しい機体に触れる我々には戸惑う事が多い。彗星には十一型、十二型と四十三型があり前者は水冷式、後者は空冷式である。十一、十二型は熱田二十一型水冷V型エンジンを積んでいる。四十三型は三菱の金星六十二型空冷エンジンを積んでいる。
戦友の話に因ると、水冷エンジンは整備兵泣かせの機体だそうである。

当時、三菱では金星、火星と星の名前のエンジンが作られ、中島では護、誉、栄と一字名前の物が多かったようである。

課業は座学が多く、機体に触れる事は余り無かったようである。



(15)終戦

中で二ケ月程過ぎた頃から妙な噂が飛び交うようになった。どうやら終戦になるらしいと言う。何か普段の様子と違う。(注〜「全日本軍の無条件降伏」を含むポツダム宣言をそれまで軍首脳は「笑止」「黙殺」してきた。しかし、広島、長崎の原爆による膨大な犠牲、ソ連の参戦を受けて8月9日の御前会議でこれを受諾するとのご聖断が下され、翌10日に連合国に打電、その情報がもれ始めた。陸軍将校たちによる玉音の録音盤奪取のクーデター未遂事件が勃発。15日未明に鎮圧。厚木航空隊では徹底抗戦を叫び、クーデター計画が始まった。)

8月15日、突然 『正午から重大放送がある。ラジオの前に集まれ!』 と放送される。デッキにラジオが設置される。雑音がひどくて良く聞き取れない。陛下の放送である。(注〜ポツダム宣言受諾の部分は冒頭の「朕は帝國政府をして米英支蘇四國に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり」) 一瞬全員が虚脱状態と成る。班長から軽はずみな行動を慎み指示を待てと注意を受ける。

日常生活は普段と変わりなく行われるが、パートに行く事はない。厚木空では相変わらず飛行機が飛び立っているようである。(注〜B29の撃墜王として名をはせた遠藤大尉、片手の零戦隊長森岡大尉などを擁した、小園大佐率いる厚木航空隊では、この後も「徹底抗戦」を叫んで、各地の航空隊にビラをまくなどしている。軍首脳の安易な開戦、人命を無視した無謀な特攻攻撃の開始、無為な大和の出撃、何の策ももたない無責任な無条件降伏の判断に激高して、各地の陸海軍に同志を募り、兵器を集結、クーデーターを図った厚木事件である。小園らのあみ出した「斜銃」などで戦況を優位にたて直して停戦交渉に入ろうというのである。森岡大尉らは15日にもグラマンと空中戦をおこなって4機を撃墜。隣接した相模野航空隊から見た当時の様子は後日掲載予定。)

詔勅が放送された翌日の事と思うが急いで公室に入って来られた司令はいつもの三種軍装でなく夏の第二種軍装である。直ちに「准士官以上号令台前集合」の号令がかかる。司令も直ちに退室される。
公室からは木の枝越しに士官が参集してくるのが見える。司令が号令台に上がり話をされている様子であるが遠くで聞こえない。突然、二、三発の銃声が聴こえ士官が蜘の子を散らすように逃げて行くのが見える。その後を抜刀した下士官が追いかけている。二、三人が倒れる。切られたのかもしれぬ。その後、司令は二度と公室に姿を見せることはなかった。(注〜「少佐」「少尉」など主に兵学校や士官学校で学んだ頭脳集団を士官と呼ぶ。その下に「兵曹長」などの准士官がいる。下士官はその下の位。兵隊として実戦からたたき上げた位で、海軍では「兵曹」「伍長」と呼ばれる。「兵長」「上等兵」「一等兵」などの一般の兵隊の最上位にある位。現場で実戦部隊を引っ張る重要な役割を持つ。実戦現場で鬼のように采配をふるう「鬼軍曹」という表現もあるが、陸軍では「軍曹」も「兵曹」に次ぐ下士官。この場面では実戦経験の豊富なたたき上げが、理論派の上司たちを襲ったことになる。決起の動きを見せない相模野へ厚木空から工作があったとされる。)



終戦の詔勅が発令されてからはいっさいの隊内の行動は停止された。突然、移動命令が発令された。米軍の厚木基地進駐に備え、神奈川県、千葉県に存在する部隊は速やかに移動せよ、との命令で、私達の分隊には豊橋航空隊に移動せよとの命令である。それも、「各自で行け。」との発令である。本日を以て一階級進級を申し渡される。携帯履歴(下の写真)、貯金、現金850円が手づかみで支給された。とにかく、所持品を衣嚢に詰め込む。手近かの物品は持てるだけ持っていけと言われるがとても持てそうにない。
        

戦友と共に大和駅に向かう。道は大和駅に向かう兵で溢れ返っている。到底このままでは駅に行けぬと引き返し、長後駅に向かう。懐かしい二相空の隊門まで来る。(注〜当時、米軍の進駐に際して、交通機関の輸送能力も考慮されず、この地域からの軍の撤収を急がせたために大混乱。この1週間、厚木空では多くの自害者を出しながら徐々に沈静化し、21日には小園大佐が病院に運び出され収束。この後、滑走路上の航空機を谷底へ運び落とす作業が行われた。8月28日には厚木に米軍の先遣隊が入り、30日にはマッカーサーが降り立っている。)

        
        (8月28日厚木のパート上にひるがえる初の星条旗
                         「図説 昭和の歴史」集英社発行)

                 <昭和20年 (1945年) 5月以降の主な出来事>
世界 日本 相模野・厚木
5/7 ドイツ無条件降伏
5/25 東京大空襲(3/10につづく)
5/29 横浜大空襲
6/23 沖縄戦終結
7/26 ポツダム宣言(米・英・中)
8/6 広島原爆投下
8/9 ソ連参戦 長崎原爆投下
御前会議で、宣言受諾のご聖断
8/10 ポツダム宣言受諾打電
8/11 宣言受諾情報もれる
8/12 小園、横須賀鎮守府で会談
8/14 大阪(京橋)空襲
8.15宮城事件(クーデター未遂)
8/15 終戦の詔勅(玉音放送) 厚木から離陸、グラマン撃墜
厚木から各地へ潜入工作開始
8/16 寺岡長官、小園説得厚木へ
小園更迭、新司令着任できず
8/18 相模野で下士官による流血事件
8/19 マニラへ降伏使節機、極秘に飛ぶ 使節機探索するも発見できず
8/21 使節機帰着、厚木進駐は26日 寺岡長官、厚木で解散命令
相模野、解隊
小園、病院へ収容
厚木から一部脱出、離陸
8/25 脱出者収容
8/26 未明、滑走路から航空機排除
8/28 米、先遣隊が2日遅れて厚木に
                              *各地への多数の空襲については、ここに記載していません。
                                原爆はもちろん、商業地、住宅地への無差別爆撃で亡くなられた
                                多くの一般市民(非戦闘員)の御霊よ安らかにとお祈りいたします。
                                無差別殺戮を決断した米国軍部、一般市民を忘れた日本軍部の
                                猛省を促し、二度とこのような殺戮が行われませんよう祈ります。
                                欧米人の暴挙に立ち上がった志はよしとしても、あまりにも無謀な
                                振る舞いに、兵として亡くなった御霊がかすんでしまいます。
                              *この一覧表はウィキペディアほか多数のサイト、光人社「あゝ厚木
                                航空隊」を参照
                                                                 <kaz>


(16)石炭貨車で大阪へ

兵は居らぬが、衛兵所には衛兵伍長初め戦友の顔が見られる。
引き返して挨拶をする。明日にも引き払うそうである。二相空からも引きも切らず兵が出てくる。全員が長後駅に向かう。この分では長後駅もどのようになっているか分からない。


約一キロ余り歩いた頃運用課のトラックが二台走って来て 『藤沢駅までこのトラックに乗れ』 と言われる。すでに沢山の兵が乗っている。直ぐに満載となる。3年前は希望に満ちてこの道を歩いたことを思うと、情けないような、それでも帰れるという嬉しさは隠す事が出来ぬ。

長後駅で降ろされる。ホームは兵で溢れかえっている。何とか列車に潜り込み、藤沢駅に到着。ここも同じである。何台か列車をやり過ごす。この分では駅で夜明かしをする事になるやも知れぬ。
その内、石炭を積む無蓋貨車が入って来た。すでに大勢が乗っている。行き先を尋ねるが分からぬと言う。とにかく西に向いているという事でままよとばかりこの列車に乗り込む事にする。上からは引っ張り上げてくれる。

途中で雨が降出した。全身ずぶ濡れである。機関車の煙と汗とが混ざり合って真っ黒である。隣に座った下士官が何処まで行くかと尋ねる。豊橋航空隊まで移動の命令を受けた事を話すと、『そんな事、行く必要がない。真っ直ぐ家に帰れ。』 と言われる。

途中列車が止まる度にばらばらと下車していく。とにかく此の列車の最終地まで乗っていく事にする。午後四時頃名古屋駅ホームに到着。近鉄で大阪に向かう事も考えたが、中川で乗換えの面倒を考えると、このまま乗車を続ける事にする。此の列車が神戸までいく事が伝えられる。

午後七時過ぎ、大阪駅に到着。



(17)家族との再会

近の様子は一変している。これが3年前の大阪の姿だろうか。阪神、阪急のビルは残っているものの、あたり一面焼け野原である。城東線もただ動いているというだけで、電車も何時来るか分からない。

家族の消息も分からずとにかく家に急ぐ。玉造駅で下車、無札のまま改札口を通るが、駅員も復員姿に咎めず通してくれる。重い衣嚢を担ぎながら今里の我が家に向かう。家は残っていたが、家族の姿は無く空き家となっていた。
呆然と立ち尽くす。夜分の事でもあり、人通りも少なく商店街を明るくしていた鈴蘭燈も供出されたのか見当たらず、真っ暗である。気を取り直し隣の近○氏を叩き起こし、家族の消息を尋ねる。突然帰郷した私を驚いて迎えてくれる。話に因れば家族は母親の故郷奈良県榛原に疎開したという事である。

夜も遅いからと勧められるまま一夜の宿をお願いする。誠に気の毒だが差し上げる食事がないと言われる。軍隊では想像も付かぬ様な食糧事情のようである。幸い携帯食糧が有るので済ますことにする。側にいた子供に乾パンを分け与えるとむさぼるように食らい付く。

明けて翌日、一夜の宿を謝し近鉄で榛原駅に向かう。復員兵とわかる為か、無札でも咎め立てしない。家族と無事再会を果した。

五十年も昔の物語である。以来、幾多の苦難と闘いながら熟年と言われる年齢に達し、歩んで来た道を振り返る時、今更ながら時代の流れをしみじみ味わう今日此の頃である。



(18)5分前

分前」は海軍を代表する様な言葉である。

何をするにも「五分前」の号令が掛り、心身の準備を指示する。いや、指示するのではなく、自ずからそうなってしまうのである。

「総員手を洗え、うがいをなせ」(食事五分前)、「課業初め五分前」「課業終め五分前」数え上げたらきりがない。こんなに大安売りの五分前なのだから、次々行われる日課は忘れようとしても忘れるものでない。それでも「火災五分前」、「敵襲五分前」、「沈没五分前」などの号令は無かった。

五分前にはすでに心の準備をして待機し、号令一下、直ちに行動に移るのが海の男の心意気である。海軍生活におさらばして五十年経った今でも、それが身についているようだ。人と日時、場所、時間を約束した時は必ずその五分前か十分前に到着するよう心掛けている。約束の時間に相手が現れないと苛々するものである。特に列車の発車時刻が定まっていると大変である。

よく時間にルーズな人がいるが、こんな人とのお付き合いは長続きしない。その点海軍生活を経験した人の多くは五分前か、精々五分前を少し過ぎた頃には必ず現れる。鍛えられた習慣というものであろうか、決して強要するものでないが、お互い社会のー員として考えねばならぬ事である。


(19)余 話

の手記には書かれていませんが、ヤスが語るアレコレの断片的なお話です。

おいおい、まとめていきますが、前後関係も何もないお話を書き留めていきます。 また、高齢のため、真実と空想とが入り混じっている部分もあるように思えます。 客観的な事実確認ができていないことをお含みください。

■空廠と爆装
厚木航空隊の北側に空廠(クウショウ)があり、戦闘機を作っていた。
この空廠で作られた戦闘機が厚木空へ運ばれて、厚木空では250キロ爆弾や、300キロ爆弾を機体に装着するための爆装の作業も行った。その戦闘機に同僚が搭乗し特攻に加わると思うとつらかった。

(注〜当時、神奈川県高座郡綾瀬村の厚木海軍航空隊基地の北側に隣接した広大な土地に陸軍、海軍関係のさまざまな施設が設けられ、現在のさがみ野駅周辺には、そのひとつ海軍工廠がありました。海軍工廠は艦船や航空機などの兵器製造工場でした。内陸部のこの工廠では航空機を製造。高空を飛ぶB29による首都爆撃へ対応するために大型エンジンを積んだ上昇性能の高い「雷電」を製造。ネットなどの資料によると当初は「空C廠(クウシーショウ)」と仮称され、その後「高座海軍工廠」となります。)


■召集兵
終戦が近くなった頃、自分の親ほどの年齢の召集兵も厚木航空隊に動員されるようになった。機体整備の経験者でもなく、爆装や整備の役には立たず、そのあたりを整理したり掃除をしたりという程度のことしかさせられなかった。しかも、若い上官の言うことなど聞かないといったありさまだった。


■軍の食料
一般の国民の食糧事情は大変なものだったが、軍隊(厚木空/相模野空)ではしばらく「白米」が出されていた。それも、戦況が悪化するにつれて、麦が入るようになった。くだいた麦ではなかったために、丸くて豆のような状態で「ボソボソ」。米と混ぜられていても「ツルツル」とのどに入り、米のようにかむことができず、まずいものだった。軍の給食施設であった烹炊所(ほうすいしょ)に押しかけて文句を言ったこともある。 すると、どうして手に入れたのかわからないが、パンが支給されたこともあった。 あの「ツルツル」の麦飯は戦後のイモがゆの方がまだおいしかった。
        
        (麦・・・右は炊飯前の丸麦、左が炊いた麦でラグビーボール状)

(注〜海軍では明治初期に多発した「脚気」対策として、栄養のある麦飯=麦を混ぜた米飯が主食として用いられていたというのが一般説です。ヤスの述べる「白米」は純粋な「白米」だったのか確認ができません。)

■乾パン
行軍の時の食事は今の「おにぎり」などというものはなく、「乾パン」だった。今の震災用の非常食と大きさは同じようなものだったが、当時はまったく味のない乾パンだった。袋に入った乾パンを渡されて行軍し、「食事ッ!」と号令が掛かると、行軍しながら乾パンを食べ、水筒の水を飲んでいた。行軍中に腹がすいたからといって勝手に食べるなどということはとても考えられないことだった。今のように、いつでも自由に食べ物を食べることができるのがいいのかどうかはわからない。


■入浴
兵隊の入浴は2週間に1度程度だった。それも「入れ」「出ろ」という号令で湯船につかるだけのものだった。石鹸は支給されていたが、使う時間もなかった。士官は別の浴室を使っていた。


■建国記念日(紀元節)
建国記念日は烹炊所(ほうすいしょ)から特別のおいしい料理が出された。外出も許されて、「下宿」へ出かける者も多かった。帰隊の管理は厳しく、外出札がずらっと並べられ、電車の都合などで時間に遅れてしまうと、バッチョクものだった。帰隊の門限時間は夜ではなく、4時か5時頃だったと思う。


■終戦時には・・・士官はさっさと軍用品を大量に持って逃げてしまった。
厚木空では小園大佐ら精鋭が最後の抵抗を試みていた頃、相模野空では解隊に向けて転がり始め、士官の中には軍用車に軍用品…食料、衣類を山のように積んで早くも飛び出す者も出る始末で、統率のきかない集団と化してしまった。残った下士官たちが事態収拾に一番苦労していた。退去の際には「持てるものは持って行け」と言われたが、衣嚢(リュック)に入る程度のものしか持てなかった。それでも、大阪に帰ってみると焼け野原で、世話になった隣のご家族も食料がない状態だったので、持参のわずかな食料でも喜ばれた。


3号館「厚木にZ旗が揚がる」入口へ戻る