膵臓と医療ミス・・・ TOPページ 1−4号館 4号館「五目夜話」入口(目次) 「逃亡指令」です 夜話本文へ

       ごもくやわ
  五目夜話

     お時間がゆるせば、あれやこれやの夜話に
     しばらく、お付き合い下さい
 五目亭亭主 拝


 
  逃亡指令 − すい臓が危ない!

(掲載 2003.10.11)
(更新 2009.02.15)


 逃亡指令 −
 すい臓が危ない!


 医師から宣告を受けた・・・
 「すい臓は復元しない臓器です。
 詳しい検査をしますので、検査日
 の予約をして下さい。奥様にも
 お越しいただかねばなりません。」






            (掲載の趣旨)

関西のある医科大学付属病院(大阪府守口市)で、膵臓(すい臓)の粗い超音波検査(エコー検査)から、唐突な「膵炎(すい炎)」の疑いと、危険性を伴うERCP検査(膵管造影検査)の予約を迫られた驚くような経過を公表しています。

医療の現場の・・・ほんの一例に過ぎない・・・ひどく荒れた実態を広くお知りいただくことで、「患者」という「弱者」の立場に立たされる多くのみなさんに、医療過誤あるいは医療ミス(意図すれば医療犯罪)の犠牲者になっていただきたくないという一念で掲載しました。ここに公開させていただく内容は「実話」です。(当時の医師や、この関西の医科大学附属病院関係者のご意見をいただければ、ここに掲載させていただきます。)

この医科大学附属病院で予約を迫られた検査は医師にとっても負担の大きい(危険性のある)検査だということをネットを通じて別の医師から教えられて、セカンドオピニオンを求める決意をしました。

そして、私はこの病院での検査から逃亡し、セカンドオピニオンを求め、別の病院で 「膵臓ガン」 を前提とした診察を受けました。

その結果、膵臓にはまったく異常がなかったことが判明するのですが、この私も、今後いつ再びこの検査のお世話になるかわかったものではありません。つまり、医療過誤や、医療ミス、あるいは医療犯罪をいたずらに強調して、「逃亡」した私を真似ることをお勧めしているのではありません。

この夜話に取り上げた「膵臓の検査(内視鏡による膵管造影・ERCP)」が真に必要なみなさんも大勢おられることと思います。

しかし、来院者をモルモットのように扱う医師がいることも・・・残念ながら意識せざるを得ません。

「すい炎」や「すい臓ガン」の疑いを宣告されたみなさんは、文中でご紹介しているリンク先のページの情報も参考にされて、できることならば、心の通える人間的な医師と出会い、正しい手順でこのような検査を受けていただきたいのです。冒頭(このページの右上)の「脅し」のような言葉に負けず、最新の医療を希望をもって受けられることを切望してこの夜話を始めます・・・



 本 文 の 目 次

-1-  医師の宣告
-2-  診察を受けたのは…
-3-  驚きの診察結果
-4-  逃亡を決意
-5-  セカンド オピニオン
-6-  ついに結果を聞く日が…
    
     ■


余話  ・あの医師に




クリック↓
 本文へ進む
 「五目夜話」目次へ戻る


−関西医科大学附属病院での膵臓検査の疑惑−


(このホームページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・公開を認めておりません)