五十肩の痛みと治療・・・ TOPページ 1−4号館 4号館「五目夜話」入口(目次) ここは「ただ今、五十肩克服中」です

五目夜話目次へ        ごもくやわ
  五目夜話

     お時間がゆるせば、あれやこれやの夜話に
     しばらく、お付き合い下さい
 五目亭亭主 拝




 ★ 絵日記 「ただ今、五十肩克服中」

(掲載開始 2004/08/08)
(最新更新 2016/12/02)

絵日記 【まとめ】

ただ今
五十肩克服中
 55才になって体験した
 五十肩の激痛。 寝返りが
 うてない。 上着を着るのも
 激痛との闘い。
 腕立て伏せを中心にした
 自己流の挑戦で解消した
 体験日記を公開後、まとめ
 のみを継続公開中。

 「五目夜話」 目次(他の夜話選択)へ



 2004年春・・・ 私は55歳にして
  「五十肩」と遭遇してしまいました!
  (約2週間で激痛から解放された五十肩の治し方の体験を日記として公開。10年を経過し古くなりましたので、日記のまとめを編集し ここに掲載。)

私の症状は・・・ 2、3ヶ月は職場の体操の時に腕が上げにくいなァという程度でした。 しかしその後、腕を上げようとすると、両腕から肩にかけて痛みが突き抜けるようになってきました。 肩の痛みから、徐々に腕の動く範囲が狭くなり、背中には手が回らなくなりました。やがて、寝返りの時に下側になる肩の激痛で目が覚め、寝不足にもなっていきました。



「もうアカ〜ンッ!」 私は五十肩を強行突破する覚悟を決めました。

「破れかぶれだ。腕立て伏せをやってみよう!」

こうして、五十肩克服の挑戦が始まったのです。最初は1回の腕立てで激痛! ガマンして10回。

結論を急ぐと・・・ 最初の夜、改善のきざしを感じ、やがて、ぶら下がりと肩の運動を加えた安上がりな 五十肩の治し方 「克服パック 30」 を開発(?)。 約2週間で寝返りも、うてるようになりました。
(30にとらわれず、症状と体力に合わせて、数回、数秒程度から) →



調べてみると 四十肩、五十肩の病名は「肩関節周囲炎」と診断されることが多いようですが・・・

NHK放送 (2013/08/03) の ためしてガッテンでは、「石灰」が筋肉にたまる「石灰けん炎」による痛み、けん板が部分的に切れる「けん板断裂」による痛みが紹介されました。五十肩の治し方は、原因により注射、手術など治療法が異なります。

さらに翌年、NHK放送 (2014/02/05) の ためしてガッテンによると、3人に1人は治らない「終身型」五十肩。やはり右図の「けん板断裂」で、手術が必要な場合もあるそうです。一方の腕で支えると痛みもなく腕が上がることが特徴との解説。

このように、痛みに耐え時間を掛ければ治癒する五十肩だけではありません。 また、腕立て伏せで病状を深刻にする恐れもあります。 少し試して「改善のきざし」が感じられなければ、ただちに中止して、医師の診察を受けて下さい。











 【 克服パック30 】

 (@の前に腕回しをする)
 @ 腕立て伏せ 30回
 A ぶら下がり  30秒
  または腕を上に伸ばす

 (入浴し、肩を暖めて…)
 B 腕反らし   30回
  冬季は着衣後に行う
  または布団に寝てもOK









 【 けん板断裂 】



【けん板断裂の兆候】




 右は、やはりNHK(2005/01/26)で
  紹介された肩、肩甲骨のストレッチ
「ひじまる体操」 のイメージアニメ。肩口をつまんでひじを丸く回します。 (アニメは自作です。 アニメでは上半身も回っているなど、NHKや指導医療機関の趣旨と異なる可能性や症状による適不適があります。)


 【ひじまる体操】



つづいて、その後 「六十腰(?)」 で通った整骨院で、電車のつり革を握る左腕が上げにくいことから指導を受けたストレッチです。 「ひじまる体操」 の本格バージョンとも言えそうな、熱のこもるストレッチ。

肩に指先を置き、ひじを体の前で合わせ→下から後ろへ回し→背中の肩甲骨でモノをはさむ気持ちで肩甲骨をしっかり寄せ→ひじをしっかり上に上げて前へ戻す。 これを5回、逆回しを5回するとかなりの運動になります。

毎日1〜2回、3ヶ月ほど続けた頃、電車のつり革を左腕で痛みもなく握っている自分に気づきビックリ!(こちらのアニメも指導通りに再現できていない可能性や症状による適不適があり、必ず専門家の指導のもとにおこなってください。)



 【ひじまる体操 (2) 】



広告ではありません … ただ今、一番人気の夜話!
目も老化します。楽な遠近両用メガネの作り方を公開中! (ご体験者も多数)


 <kaz>へのメール、掲示板書込み
 「五目夜話」 目次(他の夜話選択)へ




(このホームページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・公開を認めておりません)