海外旅行の準備と心得・ヒント… TOPページ 1−4号館選択 4号館「五目夜話」目次 「海外旅行の準備」本文 ここはチェックリスト


海外旅行準備品チェックリスト 赤字は必須、または強くお勧めするもの

まだまだ、書ききれない工夫や失敗が山ほどありますが、このあたりにして、私が旅の出発前に利用している自作のチェックリスト(一般向けに手を加えていますが、女性用品は未掲載)をご紹介します。 

出発前にプリントして □に V をつけながら、準備のご確認にご利用下さい!
赤字のものは「必須」、または「強くお勧め」します。
他のものは各自のお好みでご選択下さい。                       五目亭々主<kaz>


  機内持ち込みのバッグに入れるもの(または、身につけるもの)
パスポート
 (有効期間+α必要)
チケット
 (A4版のeチケットが普及)
海外旅行傷害保険証
 (緊急連絡先一覧)
ボールペン セーター/フリース
 (機内調節と現地対応)
日本円
 (両替用と国内費用)
外貨・T/C
 (両替済みなら)
クレジットカード
 (VISAなど国際カード)
薬・生理用品
 (かぜ薬などを少量)
日程表など旅行社からの資料
ホテル予約券
英文名刺
 (業務なら)
商談必須の資料・連絡先
 (業務なら)
見本市・催し物の予約入場券
 (必要な方のみ)
携帯電話
 (必要な方のみ)
国際運転免許証
 (必要な方のみ)
マイレージカード

外貨用サイフ 化粧品・化粧用具
 (液体は別の指定ポリ袋)
まくら(エアーまくら)

スリッパ
 (布生地がオススメ)
くつ袋
 (長時間飛行なら)
辞書

地図・ガイドブック 小型メモ帳
 (胸ポケットに入るモノ)
カメラ
カメラ電池予備
 〃 メモリーカード予備
腕時計
 (電池のチェックか交換)
電卓 貴重品入れ
 (ご紹介したベルトポーチ)
予備のメガネ
 (機内で破損すると困る)
耳栓・アイマスク

マイ・イヤホン
 (飛行機のジャック適合品)
音楽ツール・ゲーム機
雑誌・小説

傘(多くの場合は到着後、すぐにバスに乗るが・・・) ハンカチ・ティッシュペーパー

パソコン+電源セット
 (必要な方のみ)

小型双眼鏡または単眼鏡
 (窓際だと楽しめるか…)
  預けの旅行カバンに入れるもの(注〜現地空港到着後、ホテルまで取り出しにくい)
カバンの鍵 キー番号 カバンにつける名札
  (以上は入れるものではありません。米国ではキーはあけるか、TSAロックのみ使用。)

衣類(下着・上着・シャツ・クツ下・ネクタイ・ベルト・ズボン・スカートなど) パジャマ(海外のホテルに
 は用意されていません)

 (機内持ち込みとは別に)
化粧品 化粧用具
 (歯ブラシ・シェーバーなど)
パスポート、チケットのコピー
くつ(場所と期間による)・くつクリーム・くつ墨
サングラス(度入りでなけれ
ば土産として現地調達も可)
水着(場所と時期による)
目覚時計・電池

変圧器・プラグ
 (必要な電気製品があれば)
充電器100-240V用・プラグ
 (携帯電話・デジカメ用)
ヒーター(湯沸し用だが、ホテルのコーヒーメーカーで代用可) 即席めん類
 (ミニでも、ホッと一息)
酒・嗜好品 (ガラスは破損の恐れ。私は干魚派です)
はし

栓抜き・コルク抜き
 (ビールやワイン好きの方)
ハンガー
 (洗濯用、簡単なもの)
小型のハサミ・つめ切り

針・糸のセット・安全ピン 荷造り用 布テープ
 (2〜3mを小巻にしたもの)
訪問先への手土産
 (必要なら)

旅行カバン用ベルト 外出用小型バッグ
  その他の準備
出発時の衣服(空港まで何を着ていくか。そして、現地空港へ到着後も、ホテルへ入るまでは
  その服装ですから、到着直後の訪問先と、現地との寒暖の差の有無によって計画が必要です)
訪問国通貨への両替(出発空港でも可。マイナーな国の通貨は日本では両替レートが驚くほど
  悪く、日本の銀行では現地に到着直後に必要となる最低限の両替がお勧め。(5千円程度)
  日本人の訪問が少ない地域へ旅する場合は、日本でまず米ドルに両替し、二段階の両替手数
  料が必要になりますが、現地ではもう一度、米ドル→現地通貨へ両替すると、得になる場合も。
  同じ国でも、日本人観光客やビジネス=需要が多い地域と、少ない地域では異なります。)
海外旅行傷害保険(クレジットカードに付帯される保険も利用できますが、例えば、VISAカードの
  場合、エクゼクティブカード・ゴールドカード以外は国内の出発空港までの交通機関をカードで利用
  しなければ対象にならないなどの条件があります。海外への旅の多い方は、会費が高くなりますが
  ゴールドカードを取得するのも方法。一般には、保険会社の海外旅行障害保険を予め手続きする方
  が無難です。私はこの保険で二度助かっていますが、現地の対応は担当者次第で、ヒドイ対応も
  ありました。生じた費用の負担はしてくれますが、あなたを助けに来てくれるわけではありません。
  交渉は 「自力」あるのみです。ツアーの場合は添乗員ががんばってくれますが、ねぎらいの言葉を
  忘れないで下さい。保険のお世話にならないことが一番ですが・・・)
ビザの取得(必要な国と目的の場合のみ。短期の観光では不要な国が多い。) 
予防接種(必要な地域のみ早めに) 
虫歯の治療 
理髪・美容 





 空港・航空会社など関連リンク集へ
 この夜話「海外旅行の準備」の最初へ
 「五目夜話」目次(他の夜話選択)へ
 「ポケットに入るインドネシア」へ

(このホームページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・公開を認めておりません)