4号館 「五目夜話」入口 夜話「花粉症克服」です
1〜3号館(伊勢街道・インドネシア語ほか)/掲示板・メール/自己紹介

       ごもくやわ
  五目夜話

     ここは花粉症を鼻うがいで乗り切るまでのお話
     ですが、お時間がゆるせばひとつ上に戻って
     あれやこれやの夜話にもお付き合い下さい。
                        五目亭亭主 拝


 ★ 絵日記 「ただ今、花粉症克服中」(鼻づまり対策)


   (掲載開始 2005/02/18)
   (最新更新 2017/05/05)
絵日記 【まとめ】

ただ今
花粉症克服中

 花粉症歴30年の私の最大の弱点は
 「夜」。 鼻づまりで眠れなかったので
 す。 毎年2月から5月連休まで、地獄
 のような季節でした。

 絆創膏やいろいろな治療法に挑戦し
 塩水による鼻うがいで解決し、その
 鼻うがいの方法をアニメーションで
 ご紹介。その後…麦とも出会います。
 「はだか麦」で完全克服と言えそう!


各地の花粉飛散量を自動計測(環境省)
大気汚染物質広域監視システム(環境省)
表示項目から「浮遊粒子状物質SPM」をクリック
環境省黄砂飛来情報 (SPM の黄砂のみ観測)
【広告】 海外の便利なアイテム通販
【非広告】 これで楽な遠近両用メガネが実現




 粉症・・・私は30年ほど前に、3月になると声がかれて出にくくなる年が3年つづきました。 4年目の2月には突然 「鼻づまり」 (鼻詰まり)に襲われたのです。 アレルギー性鼻炎です。 これが花粉症との出会い。

特に夜、口で呼吸するとのどや唇が痛くなり、眠れないのです。 2月から始まる鼻づまりが不思議なことに「5月5日」を迎えると、消えてなくなります。 私は「終戦の日」と呼んでいます。

2005年から花粉症との闘いをブログ風の日記として、このサイトに掲載。2011年を最後に、このページを 「まとめ」 として残し、日記は終わりました。 その後は1年の 「まとめ」 を追記しています。

2015年には 「はだか麦」 の効果をご紹介。

(アニメが動かない場合は、ブラウザの丸い矢印ボタンをクリックして下さい)



2005年の戦い

鼻の内部は吸い込んだ空気を調温・調湿するデリケートな ひだ構造になっています。その上、花粉=異物の侵入を防御するために、ひだ (鼻甲介)の血管を膨らませて鼻腔を閉じようとするけなげな反応が鼻づまりだそうです。・・・が、眠れない〜ッ !!! 点鼻薬はその血管を一時的に収縮させる薬。使いすぎると収縮の副作用で鼻づまりも。

鼻の中の粘膜を焼くアルゴンプラズマ療法に挑〜戦ッ!する寸前で、「痛そ〜ッ!」 焼け焦げた臭いのただよう耳鼻科で、即中止を決意!







 (アニメで 鼻の構造を解説)
2006年の戦い

「マイナスイオン発生器」も「空気清浄機」も試しましたが活躍せず。(メーカーさんに代わってお知らせします。「当社の空気清浄機はお部屋の花粉は除去しますが、残念ながらあなたのお鼻の中にくっついた花粉は除去できません。」 )

今年・・・なぜか楽なのは「みかん」パワーか?
みかんジュースで、鼻詰まりスースーだとしたら?


  
2007年の戦い

「みかん」の他、「シソ酒」「ふきのとう酒」も加えて戦いましたが、2月早々全闘士あえなく、討ち死。 酒はアレルギーの 「敵」 でしたし・・・

知人からの情報で、塩水による
「鼻うがい」に到達。 鼻うがいは傷口同様、デリケートな粘膜にくっついたヨゴレをまず洗いましょうという、鼻づまり治療の基本。

塩水なら鼻も痛くない。 いいみたいです。







 (鼻腔の炎症から洗浄まで)

2008年の戦い

今年のこちらの武器は「塩水」による「鼻うがい」だけ。 薬なし、鼻づまりなし(中国での黄砂攻撃の例外を除く)で、スッキリと5月の「終戦」を迎えることができました!

ドイツで鼻うがいツール EMCUR をゲット! 危険(無理)な力を使わない自然流下方式には感心します。 専用の洗浄剤の成分も「塩 salz」。 この会社、どうやって儲けているのだろう?








 (国内市販のツールの例)
2009年の戦い

花粉飛散は量が多く、早く始まるそうです。
花粉症対策はみかんもシソも捨てて「塩」だけ。

【ご注意】
鼻うがいはブラシで花粉をこすり取るわけではありません。1週間継続して効果を実感。黄砂は粘りつく感じで、鼻うがいも負けます。

・ 無理な注入はしない。
 (鼻づまりの時は点鼻薬で鼻を通してから)
・ うがいの後、鼻を強くかまない。
 (だらしなくダラダラと流し、ぬぐう程度)



(水150cc用の塩。体液に近い塩水は、鼻の内部の粘膜への刺激を防ぐ。常温〜40℃でOK!)
2010年の戦い

スギ、ヒノキ共に花粉を作る「花芽(はなめ)」の量が少なく花粉飛散は少ないそうですが・・・
今年は「無敗(鼻づまりなし)」で、終戦の日、5月5日を迎えることができました。

闘った洗浄器は 写真左から、ドイツ EMCUR、ハナクリーンS、ハナノア

「鼻うがい、バンザ〜イ!」






 (鼻うがい用の洗浄器。今年も
 この戦士たちと闘った)


2011年の戦い

花粉が「例年の10倍」と予報された年。3月末までは無敗でした。

4月から5月初めまで1ヶ月は連敗が続くひどい年になりました。花粉の他に、大陸の公害黄砂まで加わって終盤戦は、のたうち回って討ち死にです! 黄砂が車に粘りついています。名前を黄「粉」に変えてほしい。







(花粉も黄砂もメチャクチャ多い年だった。霞んで見えない山)
2012年の戦い

日記の掲載は昨年で終了しました。

今年の花粉飛散量は少ないと報道されましたが、3月も後半に入るとクシャミと鼻水攻撃を受けています。

外出先や帰宅直後でも簡単な方法でできるコップ鼻うがい(→)も使って反撃中です。

* 塩水を一気に吸込むと鼻から耳へ通じる管や気管に水が回る恐れがあります。 お試しの方は空気と一緒に「すする」感じでどうぞ。








(準備いらずのアンチョコな鼻うがい法・・・これなら続けられる)
2013年の戦い

報道によると、今年は花粉の飛散量が多いそうです。東京都が前年比「5倍」、名古屋市が「6倍」の予想。西日本は大陸からの公害微小粒子状物質 PM 2.5の到来で大変な春に。

NHK 「ためしてガッテン」で、雨にぬれた花粉は細かく破裂し、吸込みやすくなるという説を紹介。雨の日は少ないが、雨上がりは要注意だそうです!




2014年の戦い

なぜか、鼻づまりが起きません!
一度、前兆の「寒気」がしたと思ったら、38度の発熱。「アレルギー性熱症」とでも名前を付けたいほどでしたが、医師によると、「アレルギーでは熱は出ない。」そうです。

4月中頃になっていよいよ鼻づまりです!


2015年の戦い

鼻づまりが昨年の秋から始まり、ついに、内科医処方の薬(ケトチフェン)を服用。 試みに「抜く」と、すぐに鼻づまり。3月に入ると、ケトチフェンでもダメ! 強力なステロイド系のセレスタミン配合錠を追加。1回=2錠、1日=2回までの制限付き。 夜だけ2錠を加え、鼻スースー!

3月後半、サイト知合いのひろしさんから「はだか麦」で鼻づまり解消の情報と 球状の丸麦をいただきました。 2日間おなかグルグル、おならプープーで、腸の大掃除。 食べ始めて1週間目から薬を2種類共、やめてみました。結果…

終戦の5月5日まで 41夜 鼻づまりナシ!
アノ薬をやめて、これはスゴイ効果です。
(朝・夕の コップ鼻うがいも まじめに併用)

大麦の関連サイト(ひろしさんご提供)・・・
大麦研究室(アレルギー)|糖尿病対策(youtube)|
大麦食品推進協議会大麦PEDIA(食物繊維)|
WOMANONLINE(食物繊維)|藤田精麦(はだか麦)|
木下商店(はだか麦通販)|西田商店( 〃 通販)|











(麦だけを炊き、冷蔵庫で保存、食前に茶碗1/3分をチン !!)



(最初に混ぜてもいいが、一口づつハシで混ぜ、時々白飯だけを口にすると米のウマサも味わえる。これなら無理なく継続できそう)
2016年の戦い

鼻うがいと 「はだか麦」 で、ヒノキ花粉の飛散が 「非常に多い」 4月現在、くしゃみや鼻水が出ながら、鼻づまりなしで安眠!


2017年の戦い

2月20日、屋外駐車場の車のフロントガラスが白く汚れています。例年なら始まっている鼻詰まりが 「はだか麦」 だけで、発症していません。鼻うがいもしなきゃな…って思っているところです。
2月24日、軽い鼻づまり。本気モードに入ります。
4月1日まで、危ない夜だけ点鼻薬一発。他は鼻うがい+はだか麦で鼻づまりナシ!

5月5日の終戦記念日を無事迎えました!



 (左が押し麦、右が粒麦)


 ←メール・掲示板へのご発言はTOPページから
 ←「五目夜話」目次 (下のような夜話の選択)へ
  …遠近両用メガネ、五十肩、自転車のブレーキ修理、他


この夜話のキーワード ・・・ スギ花粉・PM2.5・花粉症・鼻づまりの原因・鼻の構造・点鼻薬の副作用・
ステロイド・呼吸・寝不足・眠れない・アレルギー・鼻うがいの方法・鼻うがいの器具・花粉症に効く食べ物





(このホームページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・公開を認めておりません)