<kaz>TOPページ 2号館入口(ポケットに入るインドネシア) 投稿BOX目次 投稿BOX本文です
検索ページ 単語/用例


ご投稿BOX
「目次」へ


インドネシア語辞書+旅の情報集「ポケットに入るインドネシア」 → クリック



(24)  バリ島の犬たち − ご注意!ご注意! kanchan/男性
リ島に6日間滞在して気になったのが犬たちである。街角で結構見かけるが、ほとんどの犬が首輪をつけていない。昼間は暑いのか道端で寝ており車にひかれるのではと心配するがそうでもない。

ウブド市場で面白い経験をした。朝市を見に行った時、一匹の犬が付いてきた。

初めは気にしていなかったが、5mぐらい離れて付いて来る。一度振り切り、再度出会った時また付いて来る。気味悪くなり再度早足でひとごみを利用して振り切った。このオッサン現地人ではないので何かもらえると思ったのであろうか?

また市場の近くの道端ではおばさんがドリアンをならべて売っていたが、ドリアンの横に犬が寝ていたので、この犬は売り物かと聞いたところ関係ないとのことであった。おばさんも商品の横で寝ている事を怒るでもなく黙って寝させている光景は不思議であった。

更に、早朝近くのダラム・プリ寺院に撮影に行ったときには寺院にいた犬に吠えられたが、変に刺激して噛まれでもしたら大変であり退散した。早朝はまだ彼らの縄張りだったのだろう。7年前に狂犬病の予防注射をしていたがおとなしく引き下がった。

          −−−−−−−−−−

帰国してバリ島の犬について調べてみると色々なことがわかった。ネットで調べてみるとバリ犬は、人間に尻尾を振って愛想を振りまくこともなく、観光地で人間に近寄るタイプの犬もただノソッと近くに来るだけで、攻撃的ではないけれど、友好的でもなく、その存在は無であるらしい。日本の野良犬はオドオドしているが、彼らはそんなことは全然なく人間社会での浮浪者のような存在に思える。

しかしながらこの犬たちは、人間に大いなる災いをもたらしている。2012年07月20日厚生労働省検疫所のホームページによれば、インドネシアのバリ島では2008年11月以降犬の狂犬病 (狂「犬」病という名称ですが,犬に限らず,猫やイタチ等他の哺乳動物からも感染することがあります) の流行が続いており、流行が始まってから100人以上が狂犬病で死んでいるとのこと。また約30万頭いる犬のうち20万頭については予防注射を終えたが、まだ接種されていない犬が10万頭程度残っているらしい。更にそこには噛まれたときの対処の仕方も詳しく述べられているが噛まれないのが第一である。

          −−−−−−−−−−

今回、狂犬病のことは全く気にせずに出かけたが帰国してanjingは全く安心できないことがわかった。しかし、これもインドネシアではバリ島だけの問題のようで他の回教徒エリアではバリ島ほど犬は見かけることが少なく狂犬病の発生率も低いらしい。

      狂犬病 Rabies(英語) penyakit anjing gila(インドネシア語)



   【ご注意】ご投稿の著作権は各ご投稿者にあります。
         写真・画像の転載は禁止されています。文章の一部引用は出所を
         次のように明記して下さい。
         ネットサイト 「ポケットに入るインドネシア」 ご投稿BOX記事


                   インドネシア「情報投稿BOX」の目次へ戻る


                   辞書部の 「狂犬病」 の症状と治療法情報へ