<kaz>TOPページ 2号館入口(ポケットに入るインドネシア) 投稿BOX目次 投稿BOX本文です
検索ページ 単語/用例


ご投稿BOX
「目次」へ


インドネシア語辞書+旅の情報集「ポケットに入るインドネシア」 → クリック




(23)  デング熱と感染対策 kanchan/男性
ング熱対策の蚊の駆除作業に遭遇しました(宿泊したインドネシア、バリ島のホテルにて撮影)。猛烈な煙を噴出すようにして、薬剤を庭に散布する蚊の駆除です。マスクだけでおこなうあの作業はスゴイ!

気になり調べてみると・・・


デング熱とは?
デング熱とは蚊を媒介にして感染する病気です。高熱が続きますが死亡にいたる例はまれだそう。

感染経路
このデング熱は蚊の媒介で感染します。媒介する蚊は標高1000m以下で、空き缶の水たまりなど、人間の生活環境近くを好み、体内にウイルスを保有したまま人を刺す瞬間に唾液と共にウイルスを注入して人に感染。ウイルスも蚊を利用して、したたかに仲間の増殖をねらいます。

症 状
高熱と頭や節々などの痛みが続きます。治療を受ければ数日で治まりますが、大変な苦痛! 進行によっては体内器官での出血などにより重篤化する例もあるそうです。ウイルスを殺す薬はなく、治療は対症療法。

感染地域
世界的に熱帯地方に多く発生。インドネシアは全域が発生地域とされていますが、私は幸いこれまで無事感染せずにきました。

予防策
今回見たように、ホテルや街中では薬剤噴霧で蚊の駆除をしています(右の写真は薬剤噴霧で霞む町)が、万全ではありません。村や山間部に行くとなればなおさらです。予防は蚊にさされない・・・これにつきるようです。


現地の蚊には現地の薬が一番ということで、次の防虫薬が地元でも人気だそうです。

腕、手、足、首周りなどにたっぷり塗ります。薄いシャツやソックスは蚊の針が突き通します。

SOFFELL ローション ゼラニウム

写真引用サイト:BALI-GOODS.COM

シンガポールでは、マンションのベランダの植木鉢の下にある皿にまで、蚊が発生しないように啓発活動をしているのを聞いたことがあります。

バリ島からの帰国者にデング熱発病者が増加しているとの報告があります。感染から発症まで、1週間前後かかるそうです。バリ島で蚊に刺されて感染、帰国後に発熱する場合もあるわけです。(日本の蚊もウイルスを保有できるそうですから、感染したあなたが日本で蚊に刺されると、駆除のため町中大さわぎになりそう!)

私は、蚊に対しては、蚊とり線香を持参し、屋外へ出るときは長ズボンを履いていただけで、そのほかは対策をしていませんでしたが、今後、行かれる方はマラリアの他、デング熱にもご注意を!!



ご投稿後の新聞報道によると・・・

帰国後に発症した患者数は、2013年、249人で、統計のある1999年以降最多。渡航先はインドネシアが最多で、タイ、フィリピンなどが続く。特効薬やワクチンはなく、蚊に刺されないことが唯一の対策。虫よけを「2時間おき」に塗るようアドバイスも。

   2014/04/27 日本経済新聞 一部引用 <kaz>

東京・代々木公園で蚊に刺されデング熱患者が発生!人が集まりやすく、噴水、茂みなど蚊の好む環境がある。
千葉、茨城などでも患者を確認。

   2014/08-09 報道




   【ご注意】ご投稿の著作権は各ご投稿者にあります。
         写真・画像の転載は禁止されています。文章の一部引用は出所を
         次のように明記して下さい。
         ネットサイト 「ポケットに入るインドネシア」 ご投稿BOX記事


                   インドネシア「情報投稿BOX」の目次へ戻る


                   辞書部の 「デング熱」 の症状と治療法情報へ