1-3号館/メール/掲示板 4号館「五目夜話」入口(目次) ここは「自費出版」の夜話前文です 夜話本文

       ごもくやわ
  五目夜話

     お時間がゆるせば、あれやこれやの夜話に
     しばらく、お付き合い下さい
 五目亭亭主 拝


 ★ 自費出版の仕組みと心得 【前文】


「売れない」 と知る

・・・ それが

自費出版 第一の 「心得」


(2006/02 - 2017/03 更新)


この夜話の対象者 : 今、書いておられる原稿を、本にして出版してみたいとお考えの方で、つぎのような疑問をお持ちの方。
  1) どうすれば原稿から本にできるの?
  2) どうすれば本は売れるの?
  3) 書店は本を売ってくれるの?
この夜話の もくじ : まえがき
まとめ (1)〜(5)
夜話本文 1〜4
あとがき
・・・ このページ
・・・ このページ
・・・ 次ページから
・・・ 夜話本文の最後に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|まき|


  ・・・ 忘れえぬ光景

街道歩きを楽しんでいたある日、村の道端で年配の男性に声を掛けられ、地元の古い歴史のお話をお聞きする機会がありました。 そのあと、ご自宅へ案内されると、押入れに本の詰まったダンボール箱がぎっしり。 そのお話を自費出版したものの、大部分が売れ残ったようです。 見かねて1冊を購入させていただきました。

地元の貴重な歴史研究記録ですが、残念ながら 「買う人は誰?」 なのか頭に浮かんできませんでした。
「書きたい本」 は 「売れない本」 という、自費出版で誰もが陥る厳しい現実が目に焼きついて消えません。




|まめ|

次ページの 「夜話本文」 は長くなりますので、先に まとめ (1) 〜 (4) と
「1,000冊」 に挑戦した体験から得た 「売れる」 ヒントを (5) でご紹介。


(1) 1冊の思い出の本なら、1万円程度で制作が可能になりました。

1冊の本作りは ISBN =図書番号 (本文参照) をつけない 「私家版」 とも呼ばれる個人出版 (*1) です。 ここでは 3〜400ページの本 (*2) を想定しています。例示した1万円という費用 (*3) はページ数、黒一色/カラー、表紙デザインなどで大きく変わります。

    (*1) 用語解説
       商業出版・・・企画出版とも呼ぶ。出版社の企画と費用で出版し
                書店で販売。著者には著作料が支払われる。
       自費出版・・・自腹で出版社に本を作ってもらい、著者が配る。
                表紙デザイン他を出版社に依頼する例が多い。
       個人出版・・・印刷だけは外注し他は著者が行う自費出版の基本。
       共同出版・・・自費出版+流通代+ほめ代セット、約 200万円。
       書店流通・・・自費出版+流通代。一部の書店の棚に一時入る。
                万一売れても書店等に売上の半分が消え、赤字。
       返本制度・・・書店の本は大半が短期の委託で返本できる制度。
                書店流通の自費出版本は、ほとんどが返本されるが
                おかげで、駄本でも短期の書店流通が可能。

    (*2) 少量の本は 「オンデマンド」 と呼ばれる印刷方法が一般的
       希望サイズに書式を調整したワード、PDF などのデータが必要。
       数十万円の製版工程抜きでコピー機(プリンター)で印刷し製本。
       長所・・・1冊から作れる。
       ×短所・・・100冊作っても1冊=4〜5000円で売り物にならない。
    (*3) 自家製本すれば、安上がり
  写真入りのA5版ワード原稿を家庭用プリンターで
  両面印刷した本文100ページ(A5-50枚)と表紙(色
  厚紙)で自家製本した数冊の個人出版。 用具は
  弾性接着剤、クリップ、ヘラ、定規、カッターナイフ。
 (←A5変形)

   印刷+材料費=300円程度で完成!


(2) 広辞苑では出版とは 「印刷して発売・頒布」することとありますが、書いてみたかった個人の本は 「配る」 だけで、「発売」 しません。

あなたはゴルフをされますか。 ゴルフではプロは魅せて稼ぎ、アマは自分が楽しむためにお金を払います。 あなたのプレーでギャラリーを集めて稼ごうなんて 100%考えませんよネ。 本の場合は 「出版ですか! 印税で稼げて、いいご趣味ですねェ」 と周囲も (本人も) 誤解します。 アマの出版は稼げないどころか、ゴルフプレーの100回分ものお金を一気に失うこともある危険な道楽です。 せめて誰かに読まれれば、心の救いがありますが、大量に作った本は売れず、処分することになります。


(3) プロの本は商業ベースで出版され、出版社がリスクを負います。著者には費用などの負担は一切なく、著作料が入ります。

プロには、出版費用の負担はなく、しかも本の売行きに関わらず、 出版部数で著作料=印税 (定価の10%程度) が支払われます。 定価に見合う原価にするためには、3000冊必要といわれます。 売れなければ出版社が損をしますので、こちらは企画段階で 「売れる」 本の打ち合わせを繰り返し、原稿を書き直し、出版後は営業もします。しかし、プロが企画し、プロが書いても、半数近く(*) が書店から返本され出版社の経営も厳しいのが現実です。
     (*) 参照 → ウィキペディア

アマが 「書きたい」 から書いた 「売れない」 原稿を相手にしている ヒマは出版社にはありません。


(4) 書店に並べると売れるのでは… 素人著者の心理をついた共同出版 (協力出版、他) 業者に引っ掛かると、泣きます。

ところが・・・

「埋もれてしまうのはもったいない原稿です。弊社もご協力しますので、共同で書店に並べてみませんか。」 と、力を貸すかのような甘い言葉をささやく業者がいます。そんな本なんて売れないことは知っており、最初に作った時に著者から余分な金をとり、本は売れずにゴミにする連中ですが、著者の 「出版した」 という自己満足をかなえてくれます。

ざっくり言えば、1000冊出版して 「印刷代」 (正味は50万円程度ですが、立派な表紙や儲けを加えて100万円前後)の他、さらに 「ほめ代」 (自称、流通費、営業費など 100万円前後) を著者から先取りします。業者だけ先に儲けて、どの口で共同出版、協力出版と言えるのでしょうか。総費用 200万円では一冊あたりの原価=2,000円(*) になり、最初から定価を超えることに著者は気づきません。
     (*) 書店流通の場合、著者からの仕入れ価格は定価 1,500円の **%
       程度ですから、1,000冊出版なら、総費用は50万円 (原価 500円)
       までにおさえなければ仮に売れても赤字。


1000冊では全国書店のごく一部。しかも書棚のスミに押し込まれ、来店客が無名の小さな一冊を取り出すことは想像もできません。本は書店に委託配本されただけ (返本制度) です。書店も売れない本を1年も預かっていては売場がパンクします。やがて、各店から返本された大量の本が著者に送られてくるか、法外な在庫管理料を請求され驚きます。


(5) やはり、自費出版には 「売れる」 希望はないのか?
「1冊も売れない」 はずの自費出版で 1,000冊に挑戦してみました。

アマの本は 「売れない」 ・・・ これじゃ「夢」 がない。 「ロマン」 がない。 「面白く」 もない。何事も体験だ〜ッ というわけで・・・

出版社は通さず、印刷会社に 直接 見積りを依頼して打ち合わせ。できた本は自宅に在庫し、直販で 「1,000冊」の販売をめざしてみました。



    
(3−400冊づつ繰り返して1,000冊達成! 新版も続々発売、計 3,000冊を超えています)



結果・・・ 1,000冊を達成しました!!! そのポイントは次の2点です。
  1.本の読者をイメージし、その読者の買いたくなる本を作る。
  2.本を自分自身で PR / 営業する。

その後、よせばいいのに書店にも置いてみました(書店流通)。その体験も合わせて実感したこと・・・「書店に並べれば売れる」 と思うのは悪魔のささやきです。

熱病のような悪魔のささやきと決別する治療法があります。あなたも書店抜きで著者自ら PR し、売ってみてください。

あなたの本を読みたい読者は誰ですか? もし読者をイメージできず、「書きたかった」 ことを一所懸命書いただけなら、本にしても売れません。今回は想い出の1冊を作って終わりにしましょう。

読者をイメージできたあなたへオススメする、ステップ [1] [2] [3] ・・・

 [1] 10冊だけ作り、赤字で試験販売をしましょう。
    最初に調査費用と思って 5〜10万円を投資し、オンデマンド印刷
    で 10冊作ります。1冊=数千円のコストの本ですが、損を承知で
    9冊(1冊は校正用)を1,000〜1,500円の定価に設定。イメージした
    読者にPR (*) し、売ってみましょう。 (知人への年賀状に一筆書
    き添えて、義理買いをたのむなんてのはダメですヨ。)
        (*) 原稿を書くのは簡単。PRは何倍もの工夫と努力が必要。
          読者 (見込み) のみなさんが集まる場所を探すのが課題。
          コミック、絵本は読者が絞れ、展示即売など集まる場がある。
          一般書では、例えば「自伝フェア」では読者が集まらないなァ。
          私はサイトを作り、4年間育ててから出版→こちらをクリック

 [2] 次に、定価以下のコストで、300〜400冊作って直販。
    9冊の売れ行きをみて、300〜400冊に増やしても完売できそうで
    あれば、定価以下のコスト (例、300冊で 30万円=1冊 1,000円)
    を目標に「紙」製版印刷(*) の会社をさがします。1,500円の定価
    =売価であれば、1,000円の他に発送費用を引いて 「チャラ」。
        (*) 製版印刷はデータから「版」を作って高速で大量印刷する。
          長所…数が増えれば1冊当たりでは安く出来る印刷方法。
          ×短所…著者自ら入金管理。出荷の作業。
          なお、アルミ製版では300〜400冊でも赤字。 (本文参照)

 [3] 1,000冊以上売れそうでしたら・・・
    直販 [ 2 ] で 1,000冊に増やせば、小遣いが出ますのでオススメ。
    または、売れても赤字でよければ書店流通(*) も利用できます。
    書店流通は、この世界を知っている人からは●●にされます。
    ●●にされるくらいなら、直販の方が「義」を感じます。
        (*) 書店流通は自己満足型か顧客奉仕型のお金持ち向きです。
           売れた分の**%を「印税相当」として著者に支払う出版社も
           ありますが「印税」ではなく、仕入代金です。最初にそれ以上
           の費用を負担していることを忘れて喜ぶ著者は●●です。
          長所…たとえどう思われても「書店に置いた」と言える。
                顧客がなじみの書店で買え、顧客は安心・便利。
                入金管理や、出荷の作業、費用が不要。
          ×短所…書店は棚に入れるだけ。PRは著者の責任。完売
                しても仕入(てくれる)代金が **%では多くが赤字。
                売れ残ると、「大」赤字! 段ボール箱の山!


「著者が売っても売れないものは書店の棚から売れない」

これが書店へ本を置いてみた五目亭々主の結論です。



結論は申し上げましたが、この後につづく 「夜話本文」 では・・・



オンデマンドによる少部数での印刷方法や、 300冊前後の紙製版による印刷 (本文目次 2.)、書店に配本する出版社の例 (本文目次 4.) 、書店流通の体験結果 (あとがき) など、写真も交えて体験を通じた自費出版の方法をご説明しています。 準備する原稿の状態や印刷コストなどの出版費用も具体的にご説明しています。

ただし、コストなどの数字は説明上の一例にすぎません。 原稿の完成度、ページ数、仕様、業者 (印刷方法、編集作業への関与) などによって異なります。 ご参考にとどめてください。


「夜話本文」 目次

1.自費出版とは
2.印刷数量と予算
3.自費出版業者のこと
4.本の流通と原価・売価

「あ と が き」


 「夜話本文」 へ進む
 この他の 「五目夜話」 目次へ 
 著者<kaz>へのメール、掲示板 
 「自費出版連合」他、関連サイトへのリンク



  この夜話に登場するキーワード:
自費出版の方法/共同出版/協同出版/個人出版/書店流通/書店への販売/出版取次/出版業者/出版会社
印刷会社/商業出版/新風舎/文芸社/幻冬舎/オンデマンド/印刷代/コスト/出版費用/相場/見積り/部数



(このホームページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・公開を認めておりません)