TOP 「五目夜話」目次 はじめに 遠近両用メガネ【前文】 本文 レンズ一覧表 ご投稿 調整方法&お店


<kz>の五目夜話(ごもくやわ)より


まちがいだらけの遠近両用メガネ−

遠近両用メガネ 常識のウソを加学する
【前 文】


                         レポート:五目亭々主 <kaz>

  



 ■ この夜話の構成

 | はじめに
 | 前  文 |
 | 本  文 |
 | レンズ一覧表 |
 | ご投稿 |
 | 印刷用 1頁ポイント |
 | ご協力店一覧 |
 | よくあるご質問
 | その他の夜話 |
 | メール・掲示板

| 前 | 文 |




はじめに
検索で このページに直接
  ご来訪の方は【はじめに】へ








の前文では ・・・

 ・ 私が最初の遠近両用メガネを購入するまで
 ・ 買ったメガネでつらい肩こりが発生

この2つの経過をご紹介しています。 あなたの場合とお比べいただき、「似ているナァ」と思われたら、次の「本文」へお進み下さい。


購入するまでは ・・・

子供のころから、かなりの 「近視 (0.0?)」 であった私はメガネを掛けて幾十年を過ごしてきました。

ところが、メガネを掛けたままでは新聞、雑誌やパソコン画面など、近くが徐々に見づらくなり、近くだけはついメガネを外してしまうようになったのです。 外して、顔をグッと近づけなければなりません。 度数のゆるいメガネを作ったりしてごまかしていましたが、近くも遠くも中途半端にボケて無理を感じるようになりました。「遠近両用メガネ」 と聞くと、何だかオジン臭いので抵抗がありましたが、50才も越えると正真正銘のオジンとあきらめもつき・・・

まず、なじみのメガネのA王に行きました。ところが、「遠近両用メガネ(*) は見える範囲が狭くてクレームが多い」 ので、取り扱っていないとの返事。 この意味は後になって思い知ることになります。

やむなく、近くの大手メガネ店チェーンBで、初めての遠近両用メガネ(*) を購入。

(*) 近視の人が加齢で目の調節機能が低下し近くが見づらくなると、これまで使ってきた遠くがよく見える近視用のメガネ(近眼鏡)の他に、近くがよく見える老眼鏡も必要になり、2個使いは不便。多くの場合、近くは目線を下げた手元を見るので、1枚のレンズの下に近く用、上に遠く用のレンズを同居させたレンズが作られた。「遠近両用メガネ」=遠近兼用メガネなどと書く場合もある。マルチフォーカル・累進レンズなどと呼ばれる、遠くが見える部分と近くが見える部分が徐々に変化し 「境目(=段差)」 のないレンズを使ったメガネ。 遠用部と近用部に「境目」のあるレンズを使ったメガネはバイフォーカルと呼ばれ今は少数派。

 「境目のない」レンズは、外観はいいが、1枚のレンズに遠と近の2つの度数を同居させたしわ寄せが下の図のグレー部分に残る。 メーカーも工夫しているが、この部分を使って見ると、ボケやユガミを感じる。 遠と近の度数の差が大きいほどボケやユガミ感も大きくなる。 ガマンせずに早めに遠近両用にすると慣れやすいと言われるのは、そんな事情もある。

          
       ピンク色の部分が「近用部」 グレーの部分はボケ感のある部分
       当然だが・・・実際のレンズにはピンクやグレーの色はついていない


ところが、購入後 ・・・

すぐに 「肩こり」 に襲われました。 しばらくは 「肩こり」 の原因がわかりませんでしたが、どうやら遠近両用メガネに原因があったようです。

近くが見える部分の範囲が狭すぎて、知らず知らずの内にあごを上げているのです。 この首の不自然な姿勢が 「肩こり」 の原因ではないかと疑うようになりました。 その後、みなさんのご投稿から、脳外科や整形外科にまで通われた方々があることを知り、驚きました。 しかし、よく理解できます。

メガネ業界のみなさんは このメガネによる健康被害ともいえる問題が訴訟になる前に 真剣にお考えになるべきではないでしょうか?


学 (*) はここから始まりました。    (*)「科学」と呼ぶには おはずかしい

ついに肩こりの起きない遠近両用メガネの作り方、選び方に達し、その秘訣をあなたにご紹介しようというのがこの夜話です。

決して万能ではありませんが、この方法なら、タテ幅の狭い横長のフレームでも、ごく普通の安価な (*) 遠近両用レンズで 「楽〜な」 遠近両用メガネを作ることができます。 特殊なフレームも不要です。

当初心配していた 「オジン臭い」 メガネどころか、メガネだけ(?)は間違いなく、スマートになりました。

(*) 右のメガネはお買い得値段の1万円台のセット品で、タテ幅 28mm。その後、さらに細い 26mm のフレームにも挑戦!(右のレンズはカラーコート加工をしたため、青く写っています)



        それでは、次のボタンから選んで進んで下さい。

 ク
 リ
 ッ
 ク
 ↓
 【本 文】へ進む 
 【はじめに】へ戻る
 「五目夜話」目次(五十肩など)へ戻る
 TOPページ(自己紹介・他のテーマ)へ
 <kaz>へのメール・掲示板へ


ご存知ですか?

F11キーで画面が広がります。


(このページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・コピー掲載を認めておりません)
五目夜話 <kaz> (kazu/KAZU)