4号館 「五目夜話」入口(もくじ) 「自転車の後輪ブレーキ交換」です
1〜3号館(伊勢街道・インドネシア語ほか)/掲示板・メール/自己紹介


 【五目夜話】 自転車の後輪ブレーキ交換・修理

<kaz>の五目夜話より  (夜話目次は こちら
掲載 2014/02/28 (更新 2018/01/08 )

対|象|自|転|車 ここで取り上げた自転車は 車軸=ハブ+シャフトの左側にブレーキの付いた 「シティサイクル」「ママチャリ」「子供用自転車」など です。

コ|ン|テ|ン|ツ

(この夜話の目次)
(1) 音鳴りからブレーキ交換への挑戦が始まりました・・・
(2) 何と、自転車の後輪ブレーキには3種類あった(見分け方)
(3) 肩すかしですが、ローラーブレーキは交換作業が不要
(4) バンドブレーキは交換作業が必要ですが・・・

・ 後輪タイヤがツルツルになりました→ 前話はこちらをクリック!



(1) 音鳴りからブレーキ交換への挑戦が始まりました・・・


ブレーキが「ギーギー」と鳴き始めました。7年も乗ればいよいよ交換時期です。
ホームセンターへ走って売場を見ると・・・ナンと、ブレーキが3種類もありました!



ブレーキが鳴き始めました

写真のシティサイクルの後輪「タイヤ」交換を無事完了! しばらくすると・・・

後輪ブレーキが「ギーギー」と鳴き始めました。金属と金属がこすれ合うようなカン高い「キーッ」という音も混ざる異様な音鳴りです。 「ガリッ!」と急ブレーキもかかります。 ブレーキバンドの「シュー(ゴムに石粉が混ざったようなもの)」が完全に摩り減って金属同士が当たっているのかなァ・・・

ハブにブレーキの付いたシティサイクル
薄いバンドなので、震えて「ギーギー」と鳴るようです。

後輪「タイヤ」交換に続いて、後輪「ブレーキ」交換も「未体験」ゾーンの作業です。

ホームセンターに行きましたが、
(*) のブレーキと違って、後輪のバンド状の「シュー」だけってのは売り場に見当たりません。 後輪のブレーキ本体のセットなら売っていますが、手のひらを広げた位の大きさで、2-3000円もします。

(*)
輪のブレーキは ゴム = シュー を外してコンクリート面でこすると解消する場合もありますが、シューの交換が一番。 また、前側の狭い「ハ」の字にアームを少し曲げても止まるそうですが…シューが磨耗したら同じ結果に?(未体験ゾーン)

というわけで、ホームセンターの自転車用品売り場で店員との会話から
私  : 後輪のブレーキって、ここに 3種類売ってるけど、どれでも合うの?
店員: 今付いているものと 同じタイプのものでないと、取り付け部が合いません。
私  : (商品を差して) 直径ではこれかなと思うけど、自転車を見たらわかるの?
店員: わかりますヨ。
私  : じゃ、持ってくる。
・・・(自転車を駐輪場から店内へ)・・・

私  : この自転車だけど。
店員: これ、「ローラーブレーキ」 です。
私  :(スゴイッ、見ただけでわかるんだ!) どれ買ったらいいの?
店員: こちらの商品ですが、どうしたんですか?
私  : 「ギーギー」 鳴るの。
店員: それ、グリスを入れてないでしょう?
私  : ブレーキに 「油」 は厳禁じゃないの!
店員: 「油」 じゃありません。 「グリス」 です。
私  :(滑るのは一緒だけどなァ?) その 「グリス」 って売ってるの?
店員: こちらです。 「ローラーブレーキ」 は普通、音鳴りはしません。金属音が出るのは 「グリス」 切れです。

これは「何」ブレーキ?





 (ローラーブレーキグリス shimano)

五目亭々主 <kaz> のお勧めサイト
世界の工具が安い!



(2) 何と、自転車の後輪ブレーキには3種類あった


1000円程で済んだ shimano製 「グリス」を買ったものの、どうしても納得できません。 ブレーキにグリスを入れたら「滑る」でしょ!・・・ブレーキの構造をお勉強



こうなれば、ネット検索です。 シマノのサイトなどなど・・・検索してわかりました。

・ スポーツタイプの自転車は・・・

ツーリング中のチューブ(タイヤ)交換やメンテナンスの容易な

(A) リムブレーキ ・・・ ブレーキ本体はサドル下の
フレームに固定され車輪=リムをつかむ

(B) ディスクブレーキ ・・・ ブレーキ本体は横の
フレームに固定、車軸=ハブのディスクをつかむ

が使われています。 いずれのタイプも、ブレーキワイヤーは
フレーム側のブレーキ本体で終わり。ブレーキワイヤーが車輪までつながっていないので、車輪だけを「スポッ」と外しやすい構造で、メンテナンスが容易。


・ 今回のシティサイクルやママチャリでは・・・

使われているブレーキは、次の (1) (2) (3) の「3種類」あることがわかりました。

すべて、ブレーキ本体が
車軸に固定され、ブレーキワイヤーはフレームから車軸のブレーキ本体まで延びます。

その結果、車軸が「ヒモ付き」なので、車輪だけを「スポッ」と外せず、出先でのタイヤ・チューブ交換が面倒なタイプです。

あなたの自転車のブレーキの種類を見分けましょう。

(1)バンドブレーキ ・・・
 ドラムをバンド状のシューで内側へ締めつける

(2)サーボブレーキ ・・・
 ドラムに半円型のシュー2個を外側へ押しつける

(3)ローラーブレーキ ・・・
 ドラムに弓型のシュー3個をローラーで押しつける


我が家の4台の自転車は、(1)=2台、(3)=2台 … 半々でした。以下、この2種類を中心に検証。



●ブレーキの外観

左=ローラーブレーキ
 外観は小さめで、
 グリス注入用の小穴
 があいている。

右=バンドブレーキ
 外観は大きめで、
 バンド調整用のネジ
 が2本立っている。
 反対側からバンドが
 チラリと見える。





 (*) 左のローラーブレーキの小穴のキャップは紛失
 (*) サーボブレーキはズングリして、緑色の丸い部品が目印です。

●ブレーキの構造

左=ローラーブレーキ
 レバーを引くと、
 ローラー(
青色)が
 押し出され、シュー
 (
ピンク色)を外側
 へ押し広げる

右=バンドブレーキ
 レバーを引くと、
 バンド(
ピンク色
 がドラムを締める



(本体カバーを透明化、左動画カムを回すレバーは手前にあるが略記)

 このアニメ(↑)が動かない場合はブラウザの丸い矢印をクリック



ブレーキの「目利き」になったおかげて、ショッピングセンターに駐輪中のシティサイクル、ママチャリのブレーキをひと目で見分けることができるようになりました。

「調査」すると、やはり(1)と(3)が半々。(2)は少数派。ディスク(ローラ-ブレーキの放熱用円盤)の付いたものもわずかですがありました。

今回の自転車に使われている「ローラーブレーキ」は「バンドブレーキ」よりも少し高価。 専用のグリスとローラーが音鳴りのない穏やかなブレーキ効果を生むようです。 バンドは磨耗して鳴く宿命にありますが、ローラーブレーキには磨耗部品がなく、10年を越えても使えるそうです。 反面、急制動には不向きで、強いブレーキ操作には問題があるとの意見もありますが、これまでの私の街乗りでは急ブレーキもまったく問題なし。何度か助かっています。山道の長い下り急坂にも耐えてくれました。









これまで、家族の分も含めると、10台前後の自転車を買ってきましたが、ブレーキを見て選んだことなんてありませんでした。 ヨーシ、これからは、ブレーキを見て自転車を買うぞ!


五目亭々主 <kaz> のお勧めサイト


(3) 肩すかしですが、ローラーブレーキは交換作業が不要



今回のローラーブレーキは「交換」どころか「注入」で音鳴りが一発解決!
バンドブレーキの場合は、やはり交換が必要。 交換方法もこの際、おさらい。



●専用グリスをブレーキの小穴に注入

説明書によると・・・ノズルの先端を12mm以上差し込むそうです(浅いと手前のレバー部分の空間に注入してしまう?)が、グリスの注入量(*1)については説明がありません。

(*1) 別タイプのローラーブレーキ 取説では 5g → クリック

車輪を手で回しながら少しづつ注入します。 (ワイヤーのボルトをゆるめておく方がよさそう) 容器の 1/4程度 (*2) 注入した感じでストップ。 効果を確認することにしました。

(*2) グリスが見えないので、使用量が不明。 後日、重さを計ると 注入後は容器込み 120g。 同程度の食品用チューブ容器(空)が30gで、買ったグリスの表示は「100g入り」ですから、容器込み 130g 前後だったと思われます。差し引き使用量は 10g前後で、「1/10」と修正。

オオオ〜ッ! 「ギーギー」の音鳴りが止まりました!
ブレーキもよくききます! 
グリス代 1000円少々(実費は100g入りの1/10使用 = 約100円)。 10gの少容量のグリスがあればそちらを買うか、店で注入してもらう(いずれも 300〜500円程度)のも選択。買ったグリスはもう一台の自転車にも使えますが、100g入り は多すぎました。

ささいな疑問ですが・・・あのホームセンターでも「グリス」のアドバイスがなきゃ、本体を勝手に買っていたわけだし・・・何も知らずに自転車店に「ブレーキ交換して〜」と持ち込んだ場合、グリスの注入で済むところをブレーキ本体を交換されて「5,000円」なんて言われてしまうのじゃないかって・・・。

そんなお店はないでしょうが、念のために・・・

ローラーブレーキが「ギーギー」鳴った時は、自転車店に「ブレーキにグリスを入れて〜」と言いましょう。

私は反対側から見てもバンドの見えないカバー付き「バンドブレーキ」だと思い込んでいました。 自転車乗りなら、自分の自転車の後輪ブレーキの種類は知っておきましょうネ!(反省〜)







五目亭々主 <kaz> のお勧めサイト



(4) バンドブレーキは交換作業が必要ですが・・・


●バンドブレーキの場合は・・・

今回は「ローラーブレーキ」で、しかも親切な店員さんのおかげで、交換作業は不要となりました。

しかし、「バンドブレーキ」の場合、締め付け時に薄いバンドが震えるようになると、ブレーキ鳴りするのは宿命で、本体の交換が必要です。 (分解して、バンドを粗く磨くと、一時的に鳴りが低減できるそうですが) 2000〜3000円のパーツ代を負担してでも、新しい「バンドブレーキ」(新品でも鳴る場合があるそうです。音鳴りのしにくいサーボブレーキも候補)に交換したい方は・・・

・ 右図は17mmナットをゆるめ、バンド側本体を外した状態。

・ ドラムの外径が購入品と違ったり、「サーボブレーキ」に交換する場合はドラムの交換も必要。

・ ドラムの交換時は右図のドラムを
ネジ山部分で左回しにゆるめて外します。回すために2つの穴を利用し、長いハンドルの付いた5000円前後もする専用工具(ドラム抜き)が必要。 ビンのフタ開けの要領で料理用バーナーでドラムを加熱して径を広げ、ゆるめるのも方法。(道具代が安くて料理用他にも使えますが、やけどをしないように、ご注意下さい。ヘアードライヤーの熱では無理かも。)

・ 取り付ける新しいドラムのねじ込みは手でOK。後は日常、ブレーキを使うことで締まります。

・ 鳴りにくい「サーボブレーキ」とはドラムの
ネジ山部分が同じ構造・サイズで、互換性があり交換可。
 「ローラーブレーキ」付きの自転車の車軸(ハブ)にはネジ山の代わりに、
歯が付いており、ドラムの歯とのかみ合わせで固定する構造のため、バンドブレーキとの互換性はまったくありません。


バンド側を外したバンドブレーキ
ドラムはハブに
ネジ山で固定

・ ブレーキワイヤーの後端のキャップは、切り取って本体の交換後に新しいキャップを付けるか、半田(ワイヤーへのくっつきが悪いので、フラックスでの前処理など結構大変)で固めてからキャップを切り取ってワイヤーを抜きます(新しいキャップは不要になります)。
  ブレーキワイヤーが古く、レバー側を見て鋼線の数本が切れている場合はワイヤーの交換も必要です。



五目亭々主 <kaz> のお勧めサイト



= END =

この夜話へのご感想・ご意見を大歓迎 ・・・ <kaz>へのメール / 掲示板へ


 自転車の後輪タイヤ交換へ
 目次(その他の夜話)へ戻る
 <kaz>へのメール/掲示板

(このホームページの内容はご本人が個人として利用される目的での保存・印刷以外の配布・公開を認めておりません)