TOPページ 2号館「ポケットに入るインドネシア」入口 治安情報ページです


(印刷版の見本とご注文)
インドネシア治安事件 一覧表
(無料辞書・旅の情報サイト)
(最新治安事件報道 2017/11) 最新報道は → こちらをクリック



バリ島での爆弾テロや、2016年、2017年のジャカルタでのテロ事件他、過激分子が活動しています。外務省海外安全ホームページによると、
 ・ パプアとスラウェシの一部 … 「不要不急の渡航は止めてください」
 ・ ジャカルタ、バリを含む他の全域 … 「十分注意してください」
となっています。
(2017/06/12)

生活シーンでは一見すると、のどかで安全ですが、例えば安全なタクシーの横に危険なタクシーが客待ちし、高級ホテル街の路上で強盗が発生するなど多様、多層に安全と危険が共存する社会です。日本の気分で「タクシーなら」「制服姿なら」均質にすべて安全と思い込んだまま旅をされると大変危険で不愉快な思いをします。

このページでは ジャカルタ、スラバヤ、ジョグジャカルタ、バリ島クタなどの過去のインドネシアの爆弾テロ、殺人事件(日本人が関係したもの)、軍事紛争、暴動など治安情報、地震や火山噴火などの自然災害情報を含めて、新聞記事、ニュース、ウェブサイトから把握できたものを「ポケットに入るインドネシア【試用版無料辞書サイト】」運営者 <kaz>の判断で選択し一覧表にしています。

下の一覧表の内、【最新の】 治安、事件報道は → こちらをクリック

外務省の海外安全ホームページ → こちらをクリック画面右の海外安全情報ボタン)

ジャカルタで役立つ治安対策 日本国大使館情報ページ→ こちらをクリック

空港、タクシー、バス、鉄道、観光地など、基本情報は【無料辞書サイト】から → こちらをクリック

危険を避けるために大切な、基本的なマナーも【無料辞書サイト】から → こちらをクリック



 年 / 月 で・き・ご・と ( 治安、事件報道)
【クー
デター】
1965/09 国軍の親共派が民族派の軍首脳達を殺害。鎮圧後、インドネシア共産党の絶滅、中国系インドネシア人の大量虐殺へとつながる。 => 9月30日事件
【暴動】 1974/01 田中角栄首相訪問。ジャカルタで反日暴動 「マラリ事件(1月15日)」 が発生。
 => マラリ事件
1975/12 独立を宣言した東ティモールの内紛に乗じて、インドネシア国軍侵攻。
【暴動】 1980/04 スラウェシ島、ウジュンパンダン (現、マカッサル) で反華僑暴動が発生。
【暴動】 11 中部ジャワ、ソロで反華僑暴動が発生。
【テロ】  1984/05 ジャカルタ、バンク・セントラル・アジアBCN爆破事件。
【暴動】  09 ジャカルタ北部、タンジュンプリオクでイスラム原理主義者らによる暴動が発生。
(スハルト政権は反政府運動家、政治家らの逮捕で沈静化)
【テロ】  12 東ジャワ州、マランでキリスト教会爆破事件。
【テロ】  1985/01 ボロブドゥール遺跡爆破事件。(前年の大統領演説にイスラム教徒が反発)
【テロ】  03 東ジャワで、バリ島行きバス爆破事件。7人死亡。
【テロ】  1986/05 ジャカルタ、米国大使館と日本大使館にロケット弾が打ち込まれる。
日本赤軍派による犯行。「ジャカルタ事件」
 1989/-- スマトラ島、アチェを軍事作戦地域(DOM)に指定、治安部隊を強化。1998年解除。この10年間の軍事侵攻で死者、行方不明者2000人(3000人以上の説も)
 1991/11 インドネシア領有下の東ティモールで大量虐殺。「サンタクルス事件」
(東ティモールは 2002年5月20日に「独立」を果たす)
 1994/11 ジャワ島中部、ムラピ山が噴火。60人以上死亡。
【コレラ】  1995/-- バリ島から帰った日本人旅行者200人以上にコレラ患者が発生。
【暴動】  1996/07 メガワティ派を強制排除したことから暴動「7月27日事件」発生。死者、行方不明者多数。
 1997/07 タイバーツの急落から通貨危機が始まり、8月にはインドネシアにも波及。
09 ガルーダ航空機、メダン空港手前で墜落。乗客、乗員234名全員死亡。
【暴動】  1998/05 スハルト大統領退陣を求めた学生を射殺 「トリサクティ事件」。 その後スハルト政権の崩壊に伴って暴動が発生。 中国人排斥に発展、ジャカルタの中国人街グロドックなどが襲撃・破壊され、多数の虐殺、女性の集団レイプも。 日本人も緊急避難など混乱。
 => JJC邦人安全対策連絡協議会委員 黒田氏談
 => 写真(悲惨な人物写真はなく、建物のみ)ページ
【暴動】  1999/01 マルク州、北マルク州でイスラム教徒、キリスト教徒の紛争。(以降、数千人といわれる犠牲者発生)
【殺人】  06 日本人男性(44)ジャカルタ到着後、行方不明。3日後、遺体で発見される。
【暴動】  09 ジャカルタで学生と治安部隊の衝突。7人死亡。
【テロ】  2000/08 ジャカルタ、フィリピン大使公邸前で爆発。2人死亡。
【テロ】 09 ジャカルタ、証券取引所ビルで爆発。16人死亡。
【テロ】  12 キリスト教会18ヶ所で爆弾テロ。19人死亡。負傷者100人以上。
【殺人】  2001/08 ジャカルタ、ホテルで日本人男性(74)が刺殺される。
【テロ】  2002/10 バリ島南部、クタのクラブで爆弾テロ。日本人を含む500人以上が死傷。
【テロ】 2003/04 ジャカルタ、スカルノハッタ空港で爆弾爆破事件。
【殺人】 06 ジャカルタ郊外、バンテン州タンゲランで邦人男性(48)がインドネシア女性(21)を殺害。
【テロ】  08 ジャカルタ、マリオットホテルで爆弾テロ。12人死亡。
 2004/06 ジャワ島東部、ブロモ山が噴火。観光客に死傷者が出る。
【テロ】  09 ジャカルタ、オーストラリア大使館前で爆弾テロ。9人死亡。
 12 スマトラ島沖地震発生 (M 9.1)。マレーシア、タイなどでも津波被害。
【殺人】  2005/04 西スマトラ州、パヤクンブで日本人女性(29)が殺害される。(犯人は夫)
【テロ】  05 スラウェシ島ポソで爆弾テロ。22人死亡。
【テロ】  10 バリ島南部、クタのクラブで2回目の爆弾テロ。日本人含む120人以上死傷。
【テロ】  12 スラウェシ島で爆弾テロ。6人死亡。
 2006/05 ジャワ島中部地震発生 (M 6.3)。
 07 ジャワ島南西沖で地震発生 (M 7.1)。津波で被害。
【殺人】  07 西ジャワ州、バンドゥンで日本人女性(40)が殺害される。(犯人は警備員)
 2007/01 ジャカルタ首都圏で豪雨による洪水。死者85名。
03 中部ジャワ、ジョグジャカルタでガルーダ機水田に突っ込み炎上、死者21名。
【テロ】  2008/11 バリ島の爆弾テロ事件死刑囚3人の死刑が執行される。
【狂犬病】 12 インドネシア農業省は、インドネシア・バリ島の犬に狂犬病のアウトブレイク(急激な流行)が発生していることを国際獣疫事務局に届出した。
【殺人】  2009/06 東ジャワ州、トランガレで真珠養殖コンサルタントの日本人男性(49)殺害される。(犯人は従業員)
【テロ】  07 ジャカルタ、マリオットとリッツカールトンホテルで爆弾テロ。9人死亡。
 => ニュースページ (閉鎖)
【テロ】  09 ジャカルタの爆弾テロ事件の首謀者とされるヌルディン・トプが対テロ部隊により射殺。
【殺人】  09 バリ島南部、クタで日本人女性観光客(33)が警察官を装った男に殺害。ホテルは身元を確認せずに部屋へ通す。直前に友人女性がレイプ被害。その関連で警察署へ同行とだまして連れ出す。同一犯の男逮捕。
【殺人】  12 バリ島、クタに長期滞在中の日本人女性(41)が男性二人を部屋に通し、殺害される。
【テロ】  2010/02 スマトラ島アチェ州でテロリスト訓練キャンプが確認され摘発。
【テロ】  03 バリ島の爆破事件に関わった幹部ドゥルマティン死亡。
【殺人】  06 ジャカルタ郊外、バンテン州南タンゲランで日本人夫婦(69/67)が殺害される。(犯人は解雇された元雇用人他1名。強盗に入り、抵抗され殺害)
【殺人】  06 東ジャワ州、スラバヤのナイトクラブで火災。日本人も犠牲に。(放火)
【狂犬病】  08 世界的観光地バリ島で、狂犬病が拡大。2008年11月以降の死者は78人に達しており、州政府は9月、島内の犬にワクチンを接種する大がかりな計画を始める。(その後2015年3月までに151人死亡。全土では毎年100人前後が死亡)
 10 スマトラ島沖地震発生 (M 7.7)。死者不明者多数。
 10 ジャワ島中部、ムラピ山が噴火。火砕流で多数の犠牲者。
ジョグジャカルタも火山灰に覆われる。
 11 ジャワ島東部、ブロモ山が噴火
【狂犬病】  2011/02 インドネシア保健省は2011年2月4日に、バリ州、北スマトラ州ニアス県、マルク州東南マルク県の3地域に狂犬病の非常事態宣言を発令
04 大麻樹脂をインドからオーストラリアへ持ち込み、販売しようとした日本人(36)に禁固18年の判決。2010年11月、バリ島の空港で乗り継ぎ時に発見。
【テロ】  09 中部ジャワ州、ソロの教会で爆弾テロ。1人死亡。
【テロ】  2012/03 バリ島、サヌールの住宅街で対テロ特殊部隊が武装組織と銃撃の末、5人を殺害。
 05 インドネシアへ進出の日系企業社長(日本人)が裁判官への贈賄容疑で逮捕。
【殺人】  06 ジャカルタ、日本大使館勤務の女性(66)が自宅で殺害。(犯人は改装工事業者)
【テロ】  07 ジョグジャカルタ特別州で、爆弾を持った男が銀行強盗。
【テロ】  08 中部ジャワ州、ソロで警察襲撃事件。対テロ特殊部隊が交戦の事態へ。3名死亡。
【テロ】  09 西ジャワ州、デポックのテロ組織のアジトで爆弾が爆発。
【暴動】  09 ジャワ島中部で石炭火力発電所建設プロジェクトの関連工事に携わる出張中の日本人男性ら2人が建設に反対する住民らに一時拉致される。
【テロ】  10 ジャワ島、4都市でテロ犯11人逮捕。テロを計画し強力な爆弾を所持。
【テロ】  12 中部スラウェシ州、警察機動隊をテロ組織が襲撃。機動隊員4人死亡。
 2013/01 ジャカルタ首都圏広域で冠水。2007年以来の洪水被害
【暴動】  01 西ヌサ・トゥンガラ州スンバワ島で、バリ系住民の500軒の建物が放火、破壊。
 02 2012年のインドネシア海賊事件が倍増、世界最悪件数。国際商工会議所国際海事局。
【暴動】  07 北スマトラ、メダンの刑務所で暴動。200人以上が脱走。
【テロ】  08 西ジャカルタの仏教寺院で爆発物が爆発。ミャンマーのイスラム教徒弾圧に反発。
 08 中央ジャカルタの酒店主逮捕。医療用アルコールに味をつけた密造酒を販売し死者10人。
【テロ】  09 ミスワールド最終審査、ジャカルタからバリ島へ変更。テロの恐れを避けるため。
 2014/01 首都ジャカルタの広域で冠水。2-3mの浸水地域も。死者発生。6万人避難。
 02 ジャワ島東部、マラン西方40km、クルド (Kelud) 山が噴火。死傷者他、住民避難。
 02 スマトラ島北部、メダン南西60km、シナブン (Sinabung) 山の火砕流で死者16名。
 02 バリ島沖でダイビング中の日本人7人が行方不明になり、その後5名救助、2名の死亡が確認された。
【デング熱】  04 帰国後のデング熱発症者、2013年最多の249人。渡航先はインドネシアが最多。
デング熱に関する体験情報は  => 情報投稿BOX参照
 06 2013年のインドネシア海賊事件106件(25件増)。世界の40%を占める。国際海事局。
【テロ】  07 西ジャワ州デポックで武装集団が警官を襲撃、殺害。
 10 スマトラ島北部、シナブン (Sinabung) 山が大噴火、村に溶岩迫る。
 2015/01 薬物犯罪に関与したオランダ、ブラジルなどの外国人を含む6人の死刑執行。
オランダ、ブラジルが大使を召還し、抗議。
 04 ジャカルタ、タナアバンで爆発物が爆発。警察はテロとの関係はないとの見かた。
 04 麻薬密輸などでオーストラリア、ブラジル、ナイジェリアなどを含む8人に死刑執行。死刑執行は残酷とオーストラリア抗議。ブラジルも不快感。
 05 マカオでカバンを預かっただけとする覚せい剤密輸容疑の日本人男性(73)が終身刑判決に対する上訴を断念。死刑判決もあるとの周囲の助言で。
 06 スマトラ島北部メダンで、空軍輸送機が住宅街に墜落。死者100人以上。
【デング熱】  07 デング熱の海外感染が最多ペース。「今年1月頃のインドネシアの流行が大きかった」(感染研談)。 => デング熱参照
 07 ジャワ島東端のラウン山が噴火。バリ島の国際空港などが一時閉鎖。
【テロ】  08 中部スラウェシ州ポソで武装集団と警官が銃撃戦。2人死亡。
【狂犬病】  08 インドネシアで今年に入り12人の狂犬病患者が発生し、全員が死亡。 バリ島では昨年の2人から再び増加に転じた模様。 => 犬(狂犬病)参照
【殺人】  09 ジャカルタ、現地法人に勤める日本人女性(28)がマンション自室で殺害。警備員(25)を逮捕。 【注】 女性一人の部屋に警備員、警官だけを入れるのは厳禁
【テロ】  11 政治・法務・治安調整相はインドネシアから約700人がイスラム過激派組織ISの戦闘員として中東に渡ったと明かした。(一部帰国し、テロの恐れ?)
 12 スラウェシ島沖で客船が沈没。63名死亡、15名が行方不明。船の事故が多発。
【テロ】  12 インドネシア警察当局は20日、年末年始に国内で自爆テロなどを計画したとして、イスラム学校教師の男ら9人を拘束したと発表した。ISの支持者も含まれる。
【テロ】 2016/01 米国大使館が観光地ロンボク島で「新年の祝賀時期に治安が脅かされるおそれがある」という情報を発表。日本大使館も日本人に注意呼びかけ。
【テロ】 01 14日、ジャカルタ中心部、日本大使館近くのサリナ・ショッピングモール付近で複数回の爆発。カナダ人人質射殺。襲撃犯5人含む7人死亡。 IS声明。
02 ジャワ島中部スレマンで密造酒によって26人が死亡。
【デング熱】  02 デング熱流行のきざし。バリ州など7州で非常事態宣言。ジャカルタ特別州でも増加。 => デング熱参照
【テロ】 03 スラウェシを拠点としISを支持する過激組織「東インドネシアのムジャヒディン」の掃討作戦で、中国ウイグル族の戦闘員2名を射殺。
05 ジャワ島中部バントゥルで密造酒によって12人が死亡。
05 スマトラ島北部、メダン南西60km、シナブン (Sinabung) 山の火砕流で死者少なくとも7名。噴煙、上空3000mに達する。
【テロ】 07 ソロの市警本部で自爆。ソロにはジェマ・イスラミア創設者主催の寄宿舎学校があり、過激思想に傾倒する若者が多い。
【テロ】 10 ジャカルタ郊外タンゲラン市で交通整理中の警察官3人が刃物で刺される。刺した男は撃たれ死亡。IS支持者のテロか。パイプ爆弾のようなものを所持。
【デモ】 11 ジャカルタで中国系知事の発言に10万人規模のデモ。在留中国人に外出を控えるよう中国大使館が呼びかけ。警察が知事をイスラム侮辱で容疑者認定。
11 東ジャカルタのジャティヌガラで密造酒によって10人が死亡。
 12 スマトラ島北部アチェで地震 (M 6.5)。モスク、学校など倒壊。死者、負傷者多数。
【テロ】 12 インドネシア警察は自爆テロを実行するための爆弾を所持していたとして男女4人をジャカルタ郊外ブカシなどで10日逮捕。
【テロ】 2017/02 ジャワ島のバンドンで、爆弾を爆発させて警察と銃撃戦。犯人は射殺される。
【テロ】 04 東ジャワ州トゥバンで、イスラム過激派と警官隊で銃撃戦。過激派6人射殺。
【テロ】 05 24日、ジャカルタ東部、バスターミナル付近で自爆テロ、容疑者2人の他、断食関連の行進を警備中の警官3人が死亡、民間人を含む10人が負傷。
【殺人】 09 バリ島南部、ジンバランの住宅でボヤ。日本人夫婦(共に76)が死亡。遺体を引きずったような血痕があり、危害を加え火をつける。(面識のない25才男逮捕)
09 バリ島の霊峰アグン山で火山活動が活発化。火砕流、土石流の被害の恐れがある周辺住民に避難勧告。
11 27日、バリ島のアグン山噴火。警戒レベルを最高の4に引き上げ、空港閉鎖。1963年の噴火では逃げ遅れた1000人以上が死亡。
 年 / 月 で・き・ご・と ( 治安、事件報道)
(治安事件の被害者数はソースと掲載時期により、違いがあります)
(殺人は日本人が関係するものだけを掲載しています)


インドネシアに関するその他情報と
インドネシア語は こちらをクリック …


「ポケットに入るインドネシア」入口ページ

*