他の館(テーマ)/掲示板/メールへ 2号館入口(ポケットに入るインドネシア) 検索ページ ここは各行の単語/情報ページです.

検索ページ

(単語検索と各種情報)


【簡単なインドネシア語 五大文法・五大文型】



このページは無料サイト/出版中の 「ポケットに入るインドネシア」に掲載のインドネシア語文法をまとめたものです。 実際には複雑で奥深い学習が必要ですが、文法が苦手な <kaz> が初心者の立場で旅に必要な程度にシンプルにまとめました。

下の「
五大文法」「五大文型」 と 「 疑問文 」「 依頼文 」 で、単語羅列の「ドコ・アル・エキ」式旅の会話が少し楽になります! このサイト(本)から、インドネシア語に興味を持たれ、専門書で学習を深めていただくきっかけとなれば幸いです。

−−−−−−− そのほかの文法解説 −−−−−−−

語順」 「否定文」「命令文」「受動態」 「過去型

未来型」「修飾語の位置」「関係詞」「接辞」などを

クリックしてご参照下さい

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

インドネシア語の単語と用例(あいさつ、会話など)の無料検索は・・・

こちらをクリック



私の選んだインドネシア語 「
五大文法



<以下の例文での使用単語>

saya [サヤ] = 私 / buku [ブク] = 本 / membeli [ムンブリ] = 買う

 (1) 「SはOをVする」という語順は、S+V+O で英語と同じ

私は本を買う = Saya membeli buku.

だからといって、英語に縛られると苦労することになる。

(例) 1冊の本を買う = Satu buku saya beli. (いきなり語順が逆転するが、
   これは buku を強意する受動態で動詞は原形)
(例) 今日は暑い!= Hari ini panas ! (It's hot today ! の英語順は
   インドネシア語にはなく、日本語にそっくり)

その他、時や場所は文頭に置く例が多く、疑問詞は文末にも置く。
(例)
2年前に バリ島に来たことがあります。
    =
Dua tahun yang lalu datang di pulau Bali.
(例)
どこに駅がありますか? ; 駅はどこにありますか?
    =
Di mana ada stasiun? ; Stasiun ada di mana?
(例) あの建物は
何ですか? = Bangunan itu apa?

 (2) 重要な語(名詞)が前に、その語を説明する修飾語は後ろに置かれる

Buku saya = 私の本   =>「修飾語の位置」参照

(英語の my 相当語はなく語順で表す)

修飾語でも 「少しの」 「1つの」 など、数量を表す語は前に置かれる。
「1 jam」 なら、 「jam = 時」 の量が 「1つ」 を表し 「1時間」 の意味。
「jam 1」 も使われ、 「1」 は後ろから 「時」 を説明して 「1時」 を示す。

 (3) 「です = be 動詞」 に相当する語は一般的に用いない

Saya buku. = 私は本です (童話のような例文ですが)

Saya adalah kucing. = 我輩は猫である (強調する場合)

 (4) 単語は素語の前後の接頭・接尾の接辞で増殖する

動詞は素語のままでは粗削りな表現で、接辞で味が付く =>「接辞」参照

beli
(買う)   
mem+ beli (買う)
di+ beli (買われる)
pem+ beli (購入者)
beli +an (購入品)
mem+ beli +kan (買ってやる)
di+ beli +kan (買ってもらう)
…主語、目的語を意識した能動文
…主語がないか弱い受動文
…人、職業を表す名詞
…物を表す名詞
…便宜を与える
…便宜を受ける

me+ などは地元でも略される例が多い。まして旅行者は粗く聞こえても接辞なしで何とか通じる。語学の苦手な私は接辞の種類よりも、必要な語だけ接辞付きで丸覚えして乗り切った。

 (5) 発音はほぼローマ字読み、アクセントはほぼ平坦

( 例 ) saya
suka
buku

[サヤ]
[スカ]
[ブク]

(例外) membeli
campur
gore'n
g


[ムンブリ]
[チャンプル]
[ゴレン(グ)]


* [メンベリ] ではないッ !
* [キャンプル]ではない
* 'ng' は次が母音以外は無音の
 
「ン(グ)」「ンッ」

(アクセント例) 主語の Saya [サ
] …日本人は [ヤ] を下げがちだが、主語の場合は上げて [サ]。

      *詳しくは =>「発音」「アクセント」参照


インドネシア語の単語と用例の無料検索は・・・こちらをクリック



英語の第1〜5文型に相当する 「五大文型



 (著者の独断による例示で、英語と言語構造が異なり、対比は無理が生じます)

S = 主語 / V = 動詞 / O = 目的語 (Oを;Oに) / C = 補語 (Cである)
 ■ 第1文型 (S+V)
   
私は(〜へ)行きます = Saya pergi (ke 〜).
   
 ■ 第2文型 (S+V+C) - - - 一般的に V (adalah)を用いない
   
それは(私の)本です = Itu buku (saya).
   
 ■ 第3文型 (S+V+O)
   
私は本を買います = Saya membeli buku.
   
 ■ 第4文型 (S+V+O+O)
   
私は彼に本を買います = Saya membelikan dia buku.
   
 ■ 第5文型 (S+V+O+C) - - - CはOの状態または説明
   
彼は私を笑わせます = Dia membuat saya tertawa.
   

   ・ 日本語の助詞 「…は」 が存在しない点は英語と同じ … (第1)
   ・ 「です」 = 「is (be)」 に相当する動詞は普通用いない … (第2)
   ・ [主語] + [動詞] + [目的語] は英語と同じ語順 … (第3)
   ・ 動詞にくっつく接辞 me+kan が重要な働きをする … (第4)
   ・ 第4文型は 2つの [目的語] を前後に入れ替えることができる
    = Saya membeli
kan dia buku.
    = Saya membeli
buku untuk dia.



インドネシア語の単語と用例の無料検索は・・・こちらをクリック


<日本語-インドネシア語文法・辞書・会話集・生活文化宗教情報・観光地、旅の案内>